ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 季節性インフルエンザワクチン接種時期のご協力をお願いします
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 健康づくり > 季節性インフルエンザワクチン接種時期のご協力をお願いします

本文

季節性インフルエンザワクチン接種時期のご協力をお願いします

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月1日

季節性インフルエンザワクチン接種時期の調整のお願い

 今年は、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が心配されており、過去5年間で最大量(最大約6300万人分)のワクチンが供給される予定となっています。

 このことに併せて、インフルエンザワクチンをより必要としている方に確実に届くよう、接種の時期の調整について、次のとおりご協力くださいますようお願いします。

  ※このお願いは、「10月1日から予防接種を行ってほしい方」以外の接種を妨げるものではありません。
   可能な範囲でのご協力をお願いします。

10月1日から予防接種を行ってほしい方

 季節性インフルエンザワクチン定期接種対象者となる、次の方については早めにワクチン接種をしましょう。

  ・65歳以上の方(接種日に65歳に達していること)

  ・接種日に60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活が極度に制限される方(これらの病気により身体障害者手帳1級相当の方)

 

 なお、助成制度については、下記リンクをご参照ください。

高齢者等インフルエンザ予防接種(内部リンク)

 

(接種時期の調整のお願い)

 上記以外の方については、可能であれば、10月26日以降まで予防接種をお待ちください。
 

10月26日以降に予防接種を行ってほしい方

 「10月1日から予防接種を行ってほしい方」以外の方は予防接種を始めてください。

 特に、医療従事者、基礎疾患を有する方、妊婦、生後6か月から小学2年生の方は早めに接種しましょう。

 

皆さまへのお願い

・感染防止の3つの基本である1.身体低距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いの徹底もお願いします。

・接種に当たっては、あらかじめ医療機関にお電話での予約をお願いします。

・インフルエンザワクチンは重症化予防などの効果がある一方で、発病を必ずしも防ぐわけではなく、接種時の体調などによって副反応が生じる場合があります。医師と相談の上、接種いただくとともに、接種後の体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談いただくようお願いいたします。

・お示しした日程はあくまで目安であり、10月26日以前の接種を妨げるものではありません。

厚生労働省ホームページ(外部リンク)