ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 医療費助成 > 赤ちゃんがほしいと思っている方へ(不妊治療費等の助成を拡充しました)
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 妊娠・出産 > 赤ちゃんがほしいと思っている方へ(不妊治療費等の助成を拡充しました)
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に住む > 健康・医療 > 赤ちゃんがほしいと思っている方へ(不妊治療費等の助成を拡充しました)
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に住む > 助成・支援 > 赤ちゃんがほしいと思っている方へ(不妊治療費等の助成を拡充しました)

赤ちゃんがほしいと思っている方へ(不妊治療費等の助成を拡充しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月9日

赤ちゃんが欲しいと思っている方へ 

 赤ちゃんが欲しいのに授からない夫婦が増えてきていると言われています。

 不妊相談や不妊に関するQ&Aについては、千葉県の、不妊相談・君津地域のページ(外部リンク)をご覧ください。

 不妊治療のうち、国が認定した特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を行っている医療機関のリストは、千葉県の、指定医療機関一覧のページ(外部リンク)をご覧ください。

 

助成の拡充

袖ケ浦市では、不妊に悩むご夫婦を後押しするため、男性不妊検査費の助成を開始しました。

また、従来から行っていた特定不妊治療費助成についても、限度額を引き上げました。(1組のご夫婦につき、1年度あたり10万円→15万円)。

 

 

男性不妊検査費の助成を行います

 平成28年度から、男性不妊検査費用の助成を開始しました。

 不妊治療を実施することを目的とし、その原因が夫にあるかどうかを医療機関で調べた場合、その費用を助成いたします。助成額は、検査に要した費用、ただし1組のご夫婦につき1年度当たり1万円を上限とします。

申請に必要な書類

  1. 医療機関が発行する領収書(市でコピーを取り、原本はお返しします。)
  2. 医療機関が発行する診療報酬明細書(市でコピーを取り、原本はお返しします。)
  3. 袖ケ浦市特定不妊治療費等助成金支給申請書(様式第1号)[PDFファイル/34KB]
  4. 市税の納付状況等を確認する承諾(同意)書(様式第2号) [PDFファイル/23KB]

特定不妊治療費助成を行っています

 不妊治療は健康保険対象外で、高額な医療費がかかります。

 特定不妊治療に要した費用については、千葉県が一部助成を行っていますが、治療を受けた夫婦の経済的負担を更に軽減するため、市でも上乗せで助成を行っています。

 平成27年度では、申請された31組中、13組(42%)のご夫婦が、妊娠届を提出されています。

 

千葉県が行う助成について

 所得等の制限があります。千葉県の「特定不妊治療費助成事業とは」のページ(外部リンク)をご確認ください。

 詳細は、千葉県君津健康福祉センター(君津保健所)地域保健課(電話0438-22-3744)へお問い合わせください。 

 

市が行う助成について

 千葉県からの助成が決定した後に、市に申請していただきます。

助成条件

 次の条件をすべて満たすことが必要です。

  • 特定不妊治療を受け、千葉県特定不妊治療費助成事業による助成の承認を受けた
  • 戸籍上の夫婦であり、夫婦ともに申請日の1年以上前から袖ケ浦市に住所がある
  • 市税に滞納がない

助成額

 千葉県の助成後の自己負担額の2分の1 (1,000円未満の端数は切り捨て)

 ※ただし、1年度あたり15万円を上限としています。

申請に必要な書類

  1. 千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書の写し
  2. 千葉県特定不妊治療費助成申請書に添付した特定不妊治療受診等証明書の写し
  3. 袖ケ浦市特定不妊治療費等助成金支給申請書(様式第1号) [PDFファイル/34KB]
  4. 市税の納付状況等を確認する承諾(同意)書(様式第2号) [PDFファイル/23KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)