ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > B型肝炎の予防接種が定期接種になります
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 健診・予防接種 > B型肝炎の予防接種が定期接種になります

B型肝炎の予防接種が定期接種になります

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月17日

平成28年10月1日からB型肝炎が定期接種となります

  対象年齢

平成28年4月1日以降に生まれの1歳未満の方

*ただし、母子感染予防のため健康保険によりB型肝炎予防接種を1回でも受けた方については、定期接種の対象にはなりません。

接種回数と間隔

合計3回

27日以上の間隔をあけて2回接種、1回目から139日以上(20週)の間隔をあけて1回接種

(標準的には生後2ヶ月~9ヶ月で接種)

※平成28年10月1日より前に任意接種としてB型肝炎ワクチンを接種した方は、接種した回数分を受けたものとします。

(10月以降に残りの回数を定期接種として接種できます)

接種方法

平成28年4月1日~9月30日生まれの方には9月下旬に個人通知をしますのでご確認ください。

平成28年10月生まれ以降の方は、予防接種ガイドをご確認ください。

予防接種は体調の良い時に受けましょう。