ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 各種証明書・閲覧 > 「本人確認書類」・「委任状」の取扱い変更点
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 各種証明書・閲覧 > 「本人確認書類」・「委任状」の取扱い変更点
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 税金 > 「本人確認書類」・「委任状」の取扱い変更点

本文

「本人確認書類」・「委任状」の取扱い変更点

印刷用ページを表示する 更新日:2022年3月25日

 袖ケ浦市における押印見直しの取り組みにより、令和4年4月1日から税証明申請時における「本人確認書類」及び「委任状の押印の取り扱い」が 変更となります。

本人確認書類 をご用意ください。

 「公的機関による写真付本人確認書類」・・・・・・1点

  運転免許証、マイナンバーカード、旅券、身体障害者手帳、在留カード等

 

 「上記以外(AB)の本人確認書類」・・・・・・・Aを2点、若しくは ABを各1点

  A 公的機関発行証明書等(写真なし)

     保険証、国民年金手帳、年金証書等

  B 公的機関発行証明書以外 

     キャッシュカ-ド、クレジットカード、社員証、学生証、定期券、保険証書、診察券、自己宛郵便物等

 委任状への押印

個人の場合 

 委任者の自署が必要です。押印は省略可能です。

法人の場合 

 法人印による押印が必要となります。

 法人印(代表者印、社印 [角印] 、銀行印)

委任状の訂正方法

  ・二重線を引き、委任者の認印(法人印)を押し、その上に正しい文言を記載する。

  ・個人の場合、二重線を引き、その上に正しい文言を記載し、フルネームで署名する。

 ※訂正方法の記入例はこちらをご確認ください。 [PDFファイル/47KB]

  ご不明な場合は、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)