ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 改元に伴う介護保険被保険者証等の取扱いについて

改元に伴う介護保険被保険者証等の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月25日

改元後も介護保険被保険者証等はそのまま使用できます

2019年5月1日から新元号となる予定ですが、要介護・要支援認定を受けている方に対して4月30日までに発行する介護保険被保険者証や負担割合証、負担限度額認定証等の有効期限は、「平成」の表記となっています。

既にお手元にお持ちの介護保険被保険者証等は、当該日付を新元号による日付に読み替えて、有効期限までそのまま使用することができますので、ご安心ください。

なお、改元に伴う証の回収や再発行は行いません。

 

改元に便乗した特殊詐欺にご注意ください

市役所から「旧元号の保険証を交換するので返還してください。」などの連絡をすることはありません。また、直接回収に伺うこともありません。

不審な電話等にご注意ください。