ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉 > 高齢者福祉 > 平成29年度介護職員処遇改善実績報告書の提出について

平成29年度介護職員処遇改善実績報告書の提出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月6日
 平成29年度に介護職員処遇改善を行った場合には、実績報告書の提出が必要です。提出期限は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の月末までとなっております。

 平成30年3月サービス提供分まで加算を算定した場合は、最終の加算の支払い月は平成30年5月となりますので、7月末までに実績報告書を提出してください。

 また、年度途中で事業を廃止した事業所は、廃止後であっても、最終の加算の支払いを受けた月の翌々月の月末までに実績報告書を提出してください。

 なお、各事業所においてこの書類を5年間保存する必要があります。

対象事業所

 対象事業所は、袖ケ浦市が指定する地域密着型サービス事業者及び総合事業指定事業者となります。

○地域密着型サービス
・定期巡回・随時対応型訪問介護看護
・夜間対応型訪問介護
・(介護予防)認知症対応型通所介護
・(介護予防)認知症対応型共同生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・地域密着型通所介護

○介護予防・日常生活支援総合事業(独自・みなし指定)
・介護予防訪問介護相当サービス
・介護予防通所介護相当サービス

提出期限

 平成30年7月31日(火曜日)必着

対象期間

 平成29年4月サービス提供分から平成30年3月サービス提供分まで

その他

 加算総額については、国保連合会から送付される「介護職員処遇改善加算総額のお知らせ」を参照してください。

提出書類

参考

提出先

 〒299-0292
 袖ケ浦市坂戸市場1番地1
 袖ケ浦市役所 
 介護保険課 または 高齢者支援課

 ※郵送する際は、封筒に「平成29年度介護職員処遇改善加算実績報告書在中」と朱書きしてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)