ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療傷病手当金の支給について(適用期間延長)

本文

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療傷病手当金の支給について(適用期間延長)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年9月28日

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療傷病手当金

傷病手当金の支給

千葉県後期高齢者医療保険に加入している被用者のうち、新型コロナウイルス感染症に感染または感染が疑われ、療養のため労務に服することができなくなり、給与等の全部または一部を受けることができなくなったかたに傷病手当金を支給します。

申請対象者(すべて該当する方)

• 千葉県後期高齢者医療の被保険者であること。

• 勤務先から給与の支払いを受けている被用者であること。

• 新型コロナウイルス感染症に感染または感染が疑われ、その療養のために就労できなかった期間があること。

• 就労できなかった期間について、就労を予定していた日があり、その給与の全部または一部の支給を受けられなかったこと。

支給対象日数

就労できなくなった日から起算して3日を経過した日から就労できない期間のうち就労を予定していた日数

適用期間

令和2年1月1日から令和3年12月31日までの間で療養のため就労できない期間(入院が継続する場合は、最長1年6か月)

※適用期間について、令和3年9月30日まででしたが、令和3年12月31日までに延長されました。

支給額

【(直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷就労日数)×3分の2】×支給対象日数

• 給与等が一部減額されて支払われている場合や、休業補償等を受けることができる場合は、支給額を減額もしくは不支給とします。

• 上限額は日額30,887円です。

申請方法

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)