ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織・課名でさがす > 保険年金課 > こんなときに国民年金の届出が必要です

本文

こんなときに国民年金の届出が必要です

印刷用ページを表示する 更新日:2017年5月1日

こんなとき国民年金の届出が必要です

年金に加入している20歳以上60歳未満の方は、就職や結婚などにより、加入する年金の種類が変わることがあります。

場合により届出が必要となりますので、確認の上、手続きを行ってください。

変更の種類区      分手続き先など
20歳になったとき
(国民年金に加入するとき)
自営業者、学生の方など 市役所保険年金課または各行政センター(日本年金機構が送付する資格取得届に必要事項を記入して提出)
厚生年金加入中の会社員や公務員に扶養されている配偶者配偶者の勤務先
就職したとき厚生年金加入の会社や公務員に就職された方勤務先が厚生年金や共済組合に加入の手続きをします
退職したとき厚生年金加入の会社や公務員を退職された方市役所保険年金課または各行政センター(退職日が分かる証明書を持参)
配偶者の扶養に入るとき厚生年金加入の会社員や公務員の扶養となる配偶者配偶者の勤務先
配偶者の扶養からはずれたとき離婚や収入増加、配偶者の退職などで厚生年金加入の会社員や公務員の扶養配偶者でなくなった方市役所保険年金課または各行政センター(扶養配偶者でなくなった日の分かる証明書を持参)
氏名や住所が変わったとき60歳以上で年金を受給していない方年金事務所または市役所保険年金課
年金を受給している方
厚生年金加入の会社員や公務員の方勤務先
厚生年金加入の会社員や公務員に扶養されている配偶者配偶者の勤務先
国民年金に加入する20歳以上60歳未満の方不要(年金手帳は、自分で書き換えてください)