ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 東日本大震災関係 > 放射性物質関係(大気・水など) > (1月10日)ごみの焼却時の排ガス放射性物質検査
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ > (1月10日)ごみの焼却時の排ガス放射性物質検査

(1月10日)ごみの焼却時の排ガス放射性物質検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日

(株)かずさクリーンシステムにおける放射能測定結果(排ガス)

   市内から発生した可燃ごみは、君津地域広域廃棄物処理施設(株式会社かずさクリーンシステム)で、木更津市・君津市・富津市のごみと合わせて焼却(溶融)処理を行っています。
   かずさクリーンシステムは、焼却(溶融)処理により発生する「排ガス」の放射性物質の測定を行いましたので、その結果をお知らせします。

  • 測定試料:君津地域広域廃棄物処理施設No.3焼却炉(排ガス)
  • 測定方法  :ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
  • 測定条件 :測定機器  CANBERRA社製 Ge半導体検出器GR2021 ISOCS/LabSOCS
    測定時間:1,000秒
  • 測定者:財団法人 千葉県薬剤師会検査センター
  • 試料採取日:平成24年1月10日
  • 試料測定日:平成24年1月12日
  • 試料名・採取量:排ガス 3.67ベクレル/立方メートル
  • 放射性ヨウ素131:検出せず
  • 放射性セシウム134:検出せず
  • 放射性セシウム137:検出せず

※「検出せず」とは、放射性ヨウ素:1.2ベクレル/立方メートル、放射性セシウム134:0.9ベクレル/立方メートル、放射性セシウム137:1.1ベクレル/立方メートルを超えないことを意味します。