ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ > 高齢な方や障がいをお持ちの方で、台風15号の発生に伴う災害廃棄物の自己搬入が出来ない方の回収について
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災・危機管理 > 高齢な方や障がいをお持ちの方で、台風15号の発生に伴う災害廃棄物の自己搬入が出来ない方の回収について

高齢な方や障がいをお持ちの方で、台風15号の発生に伴う災害廃棄物の自己搬入が出来ない方の回収について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月30日

 台風15号により発生した災害ごみ(災害廃棄物)について、高齢な方や障がいをお持ちの方で、袖ケ浦クリーンセンターへの自己搬入が出来ない方の回収の受付を、次のとおり開始します。

1 対象者

 ・高齢な方または障がいをお持ちの方で、クリーンセンターへの自己搬入が出来ない方

2 対象となる災害廃棄物等

・台風15号に伴い発生した災害廃棄物(樹木、屋根材、瓦、トタン板、壁材、物置等)で、回収しやすいように、片づけや分別が出来ているごみ。

※災害廃棄物の片づけや、その分別が出来ていない場合には、災害ボランティアセンターに相談してください。
  ボランティアによるごみの片づけや分別が出来てからの対応となります。

 【災害ボランティアセンター(社会福協議会内)】 相談時間 9時~16時   電話 63-3888

 

・家庭から出た災害廃棄物のみの回収となります。

・災害廃棄物以外の家庭ごみや粗大ごみなどの回収は行いません。

・事業に伴う災害廃棄物は対象外となりますので、回収は行いません。

3 依頼方法等

   ・令和元年10月1日(火曜日)から、電話受付を開始します。

・対象者と回収する災害廃棄物の状態(ごみの種別や量、分別の程度など)などを確認させていただきます。

・受付状況等により混雑等が予想されます。また、回収時期についても、ご要望に沿えない場合があります。

・ごみ処理手数料は、対象となる災害廃棄物についてのみ、無料になります。

・ごみの分別(可燃物・不燃物・がれき類・樹木)についても、ご協力願います。

  ※詳しくは、「受入可能な災害廃棄物 [PDFファイル/65KB]」及び「袖ケ浦市ごみと資源物ガイドブック」をご覧ください。

4 相談窓口

・袖ケ浦クリーンセンター 電話 63-1881

・午前9時から11時30分まで、午後1時から4時まで

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)