ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 産業・事業者 > 入札・契約 > 指定管理者制度 > 指定管理者から暴力団を排除します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・交通安全 > 防犯 > 指定管理者から暴力団を排除します
ホーム > 分類でさがす > 市政・まちづくり > 市政運営 > 行財政改革・行政評価 > 指定管理者から暴力団を排除します

指定管理者から暴力団を排除します

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日

    市の公の施設の管理運営を行う指定管理者から暴力団排除を徹底することを目的として、市と木更津警察署との間で相互の連絡体制の確立等を図るため「指定管理者からの暴力団排除に関する連絡体制についての合意書」を締結しました。

1 合意書の名称 

    指定管理者からの暴力団排除に関する連絡体制についての合意書 [PDFファイル/23KB]

2 締結期日 

    平成23年7月4日(月曜日) 

3 合意書の概要 

 (1)対象者

  • 指定管理者の指定の申請をした団体及びその役員
  • 指定管理者である団体及びその役員

(2)情報提供

  • 市は、警察に対し、上記対象者が暴力団関係者に該当するか否か照会する。
  • 警察は、市の照会を受けて対象者が暴力団関係者に該当するか否か回答する。
  • 警察は、対象者が暴力団関係者に該当すると判断した場合は、市へ通報する。

 (3)措置

     市は、警察からの情報提供により、対象者が暴力団関係者に該当することが判明した場合は、次の措置を行う。

  • 指定管理者の申請団体の場合は、指定をしない(失格とする)。
  • 指定管理者の場合は、指定の取消し等を行う。

合意書を締結して握手を交わす出口市長と片桐署長の写真

合意書を締結し握手を交わす出口市長と片桐署長(写真右)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)