ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 下水対策課 > 下水道終末処理場見学(市内小学生・高校生)【2018年6月1日~9月11日】

下水道終末処理場見学(市内小学生・高校生)【2018年6月1日~9月11日】

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月20日

終末処理場見学を行いました!

下水対策課では毎年、市内の小学生や一般の方々を対象に下水道の終末処理場見学会を開催しています。

今回は、市内3校の小学生と木更津工業高等専門学校の学生さんが

トイレや台所から出た生活排水などの下水がきれいになるまでの仕組みを学びました。

みんな真剣に学んでいたので、家で水を使うときは是非とも今回の経験を活かして、

家族や友達とも下水道について考えて欲しいですね。それでは、見学の様子を下記の写真で紹介します。

1
312

微生物の入った水を

ブクブクするとどうなるかな?

下水の中の汚れはここで沈み、

きれいになった水だけが

流されます。

処理されてきれいになった水が流れる

ビオトープです。

どんな生き物がいるか興味津々。

2
521

処理後の汚泥のかたまりは、

こんな風になるんだよ。

真剣に説明を聞いているガウ。

下水に微生物をまぜ、

空気を吹き込むことで、

汚れを微生物が食べてくれます。

3645

わぁ~すごいガウ。

どんどんきれいになっているガウ。

キレイになった処理水は、

ここから東京湾へ流れていきます。

みんなでビオトープを散策するガウ。

3
123
ビデオを見てお勉強しているガウ!

水を処理しているところです。

上澄みに浮いてきた汚れを

レバーで操作して取り除いています。

処理の終わったキレイな水が

流れてくるところです。

このころにはにおいもなくなっています。

4
123

ここでは、下水道施設の

稼働状況が確認できるガウ。

下水と一緒に流れてきた

大きなゴミを取り除く機械です。

取り除かれたゴミは、

ベルトコンベアにより運ばれていきます。

44445

最終沈殿池を見ています。

ここの水はほとんどにおいもなく、

あとは消毒を残すのみです。

脱水機の見学です。

ここには汚泥が集まり、

水分を少なくしていきます。

脱水後の汚泥(脱水ケーキ)を

搬出するためのホッパーです。

 ※ ホッパーとは…脱水ケーキを溜め、運搬するトラックに積み込むための装置

   処理場の設備の詳しい説明は公共下水道のしくみ [PDFファイル/985KB]をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)