ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 救急 > あなたにもできる応急手当「脱臼・骨折」

あなたにもできる応急手当「脱臼・骨折」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月4日

 骨折

  骨折は、手の骨のひび割れのような軽い骨折のほか、骨盤骨折のように生命を脅かす重大な骨折もあり、その場合、皮膚、神経、血管、筋肉、臓器などに重度の障害を及ぼすことがあります。症状として激痛や腫れ、変形や、骨が飛び出していることがあります。

 骨折が疑われる場合は、痛がっている部位を動かさず、身近なもの(木や雑誌など)を添えて三角巾などで固定し、患部を冷やして痛みを和らげましょう。

脱臼

  脱臼は、関節を形成する骨どうしの位置関係が正常な状態でなくなり、かつ正常な機能を保てなくなった状態のことで、関節を構成する靭帯や軟骨も損傷します。靭帯は関節運動を支え、軟骨は関節の適合性を高める役割があるため、脱臼を整復しても靭帯や軟骨の修復がされないと再脱臼を起こし易くなります。

 再脱臼をしないためにも、靭帯や軟骨の修復がなされるまで安静固定が大切です。安易に引っぱって整復せず、患部を固定するか、支えるなどして早くに接骨院か整形外科を受診してください。

消防本部からのお願い

年々救急出動が増加傾向にあります。

救急車の適正利用にご協力お願いします。