ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市政の見える化特設サイト > 夜間急病診療所等運営事業

夜間急病診療所等運営事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日

事業内容

 君津地域医療圏域の医療、救急体制の維持を図るため、関係機関に負担金を拠出し、医療環境の改善を図っています。

 利用者延べ人数(袖ケ浦市民) 注:三次救急は当市を発症地とする傷病数

緊急医療の利用者延べ数の推移

 

※1 君津中央病院
 君津保健医療圏において、がん、急性心筋梗塞及び脳卒中等の高度医療並びに周産期医療、三次救急医療、小児救急医療及び災害時医療等の採算性の確保が困難で、民間医療機関による提供が困難な医療を担う。

※2 一次救急
 入院治療の必要がなく、外来で対処し得る帰宅可能な軽症患者に対する緊急医療。広域市町村圏事務組合が設置する君津郡市夜間急病診療所で実施。

※3 二次救急
 入院治療や手術を必要とする重症患者に対する救急医療。広域市町村圏事務組合が委託する近隣四市の医療機関が輪番制で実施。

※4 三次救急
 二次救急では対応できない一刻を争う重篤な救急患者に対応する緊急医療。君津中央病院で実施。

負担金額
年度H26H27H28
一次救急2,496,000円2,239,000円2,557,000円

二次救急

27,737,000円33,455,000円33,246,000円

三次救急

(君津中央病院)

145,353,600円164,968,320円177,890,640円