ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市政の見える化特設サイト > 袖ケ浦市の歳出決算額の推移

袖ケ浦市の歳出決算額の推移

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月27日

 ここでは、袖ケ浦市の歳出決算額の推移をご紹介します。

 平成10年度から29年度までの20年間で市の歳出決算額がどのように推移してきているのかを確認することができます(総務費、民生費といった行政目的別に決算額を表記しています)。

歳出決算額の推移(目的別) ※画像をクリックしてご覧ください

 歳出決算額の合計額については、平成27年度は約249億円、28年度は約231億円と減少しましたが、29年度は約243億円に増加しました。

 これは、歳入決算額の推移のグラフと同じ傾向であり、近年の大規模公共事業の影響で、主に土木費や教育費が増減したことによるものです。

 20年間の長期的な推移を確認すると、一番大きな伸びを示しているのが民生費であり、平成10年度は約29億円だったものが、29年度は約85億円となり、20年間で約3倍に増加しました。

 主に福祉関係での行政需要の増加を決算額の推移からも確認することができます。

 歳出決算額の推移の詳細については、画像をクリックしてご覧ください。(Excelデータが開きます)

歳出決算の推移