ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市政の見える化特設サイト > 犯罪のない住みやすいまちを目指して

犯罪のない住みやすいまちを目指して

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月29日

刑法犯認知件数はピーク時より69%減少しました

 警察署をはじめ、防犯指導員、自主防犯組織等の皆さんのご協力により、刑法犯の認知件数は、最多を記録した平成14年の1,758件から、平成27年は544件と約69%の減少となりました。
 また、すべての刑法犯に占める窃盗犯の認知件数の割合は、ピーク時である平成14年の89.4%から平成27年には73.9%に減少しているものの、依然、高い割合を示しています。

刑法犯認知件数の推移

平成14年から平成27年までのすべての刑法犯の認知件数と窃盗犯の認知件数の棒グラフ

刑法犯認知件数とは

 刑法に規定された刑法犯全体から、自動車運転過失致死傷等を除いた犯罪で、被害届や告訴、その他により、警察等が発生を認知した事件の数をいいます。

国・県・近隣市との比較

 平成14年(ピーク時)平成27年減少率
全国2,853,739件1,098,969件61.5%
千葉県168,366件61,656件63.4%
袖ケ浦市1,758件544件69.1%
木更津市3,764件1,618件57.0%
君津市2,151件705件67.2%
富津市927件430件53.6%
市原市10,418件2,644件74.6%

※富津市のピーク時のデータは、平成15年の数値を使用