ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市政の見える化特設サイト > 袖ケ浦市の人口等の推移

袖ケ浦市の人口等の推移

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月10日

市の人口と世帯の推移 

 過去10年間の市の人口推移グラフです。

 県内の多くの市町村で人口が減少している中、袖ケ浦市の人口はこの10年で2,694人(年平均0.1%)増、世帯数はこの10年で3,717世帯(年平均0.1%)増と、微増で推移しています。

 この結果、1世帯あたりの人員は、平成21年の2.6人から平成31年の2.3人と、減少が続いています。(各年4月1日時点のデータ)

 

人口の推移のグラフ

 

 なお、毎月の人口の各種資料については下記のとおりです。

過去の人口推移一覧 令和元年9月更新 [その他のファイル/234KB]

人口推移のグラフ(外国人を含む) 毎年4月更新 [その他のファイル/38KB]

毎月の人口異動状況 令和元年9月更新 [その他のファイル/236KB]

大字別の人口(外国人を含む) 令和元年9月更新 [その他のファイル/39KB]

年齢別の人口 令和元年9月更新 [Excelファイル/31KB]

地区別年齢別(外国人を含む)の人口 令和元年9月更新 [Excelファイル/85KB]

 

年少人口と老年人口の推移 

 年少人口(0歳から14歳)と老年人口(65歳以上)の推移グラフです。

 平成20年時点の老年人口は10,913人で、年少人口8,682人に対し1.3倍と、ほぼ同じ規模でした。

 この10年間で、年少人口は2%減とゆるやかに減少しましたが、ここ数年は下げ止まりの傾向が見られます。

 一方、老年人口は10年間で1.5倍に増え、その結果、老年人口が年少人口の1.9倍になるなど、袖ケ浦市でも高齢化が進行していることが分かります。 

年少老年人口のグラフ