ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > 12月市長スナップショット

12月市長スナップショット

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月1日

12月市長スナップショット

令和元年12月25日(水曜日)

東京都羽村市 来庁

島田市民生活部長より寄付金を受け取る市長 東京都羽村市より、袖ケ浦市へ寄付金をいただきました。
 羽村市は、本市と同様に平成3年に市になった「同期市」であり、平成16年には、「平成3年生まれ同期市自治体災害時相互応援に関する協定」を締結しています。協定締結以降、各々の市において実施する防災訓練では、互いの職員が参加して救援物資受援訓練を行い、災害時における相互の応援体制を確立させています。昨年の台風15号の際には、本市被災後すぐに、食糧や飲料水、ブルーシート等の救援物資を直接ご提供いただきました。
 この度の寄付金は、台風15号及び19号、10月25日の大雨による災害に対する復旧、復興に活用してほしいと、羽村市の職員の方々から集められたものです。
 ご寄付に感謝申し上げます。

石井さん 来庁

石井さんの意気込みを伺う市長 東京2020オリンピックの聖火ランナーに選ばれた石井更幸さんが私を訪問してくれました。
 石井さんは、生まれつき体内のメラニンが欠乏する遺伝子疾患「アルビノ」であり、つらい経験をしてきたことから、同じ境遇の人たちに同じ思いをさせまいと著書や講演会などで普及活動を行っています。
 また、本市の郷土博物館に少年時代から親しみ、成人してからもボランティア活動等にご協力いただき、平成30年には石井さん所有の資料による企画展を開催するなど、本市との関わりも深い方です。
 今回、東京2020オリンピックの聖火ランナーとして走ることとなった石井さんは、昨年の台風被害の復興を願い、また、アルビノを知ってもらい、適切な対応をすれば、みんなと変わらずに生活できることを伝えるきっかけにしたいと意気込みを語ってくれました。
 市民で唯一のランナーになりますので、市民代表として、記念すべきイベントを楽しみ、そして思いが届くようがんばっていただきたいと思います。

令和元年12月14日(土曜日)

ゆりの里 年末感謝祭

餅まきをする市長 ゆりの里年末感謝祭が盛大に開催されました。
 この年末感謝祭は、ゆりの里4大まつりの1つで、1年間のご愛顧に感謝を込めて開催されているものです。
 当日は、天気も良く、野菜の詰め放題や新米一升マス山盛りすくい取りを楽しむ方、豚汁や袖っ粉唐揚げなど食事を楽しむ方、新鮮野菜や特産品を買い物する方など、たくさんのお客様でにぎわっていました。
 午前と午後に1回ずつ行った餅まきも、小さなお子さんから大人の方まで、大勢の方々に集まっていただき、非常に盛り上がりました。
 これからも新鮮で安全・安心な農畜産物を取り揃えてまいりますので、ぜひご来店ください。

令和元年12月11日(水曜日)

年末年始特別警戒取締り出動式

袖ケ浦駅で啓発活動を行う市長 年末年始特別警戒取締り出動式が木更津市民会館で行われました。
 当日は、本市のほか、木更津警察署、木更津市、君津地域振興事務所、警察官友の会、金融機関防犯連絡協議会、交通安全協会など、多くの関係機関が参加しました。
 出動式終了後、参加者により、木更津市内及び袖ケ浦市内で防犯や交通事故防止のための呼び掛けを実施しました。
 このような、関係機関のご協力もあり、本市内での犯罪発生件数、交通事故件数は減少傾向にはありますが、依然として身近なところで犯罪や交通事故は発生しております。特に最近は電話de詐欺をはじめとする詐欺行為が多い印象です。
 市としましても、このような活動の他、生活安全メールや広報紙等でも注意喚起してまいりますが、皆さま一人ひとり意識が大事になってきます。年末年始は何かと気忙しい時期ですので、特にお気を付けください。

令和元年12月10日(火曜日)

平川中学校が文部科学大臣賞受賞

平川中の取組を称賛する市長 平川中学校が「毎日カップ中学校体力つくりコンテスト」で文部科学大臣賞を受賞したことから、若林校長とともに生徒会長の松本さんと体育委員長の髙橋さんがその報告に私を訪問してくれました。
 本コンテストは、文部科学省の実施要項に従って行われる新体力テストの記録をもとに、「体力つくり」の実践を通して「たくましく生きる力」の育成に成果を上げている全国の中学校を顕彰するものであり、これにより生徒自らが進んで運動に親しみ、生涯にわたって体力・健康づくりに取り組むきっかけになることを目的として開催されているものです。
 今回は全国4142校のエントリーの中から、平川中学校の学校をあげての体力つくりを通した生徒育成や、地域を巻き込んだ様々な取組みが評価され、文部科学大臣賞の受賞となりました。平川中学校の生徒の皆さんのがんばりが認められたこと心よりお祝い申し上げます。

令和元年12月8日(日曜日)

木更津航空祭2019

編隊飛行を見学する市長 第47回木更津航空祭が陸上自衛隊木更津駐屯地で開催され、私もお招きいただきました。
 この航空祭は、陸上自衛隊最大の航空科部隊創立51周年記念行事の一環として開催されたイベントで、当日は、様々な機種のヘリコプター約60機による編隊飛行や訓練展示、地上展示などが行われました。木更津駐屯地は陸上自衛隊の航空戦力を代表する第1ヘリコプター団が所属する駐屯地のため、通常の陸上自衛隊のイベントと異なり、このような色々な種類のヘリコプターが集合する珍しいイベントとなっています。私も以前体験したことがありますが、ヘリコプターの体験搭乗も行っており、東京湾アクアライン上空から眺める景色は素晴らしいですので、また次回開催の際には、ぜひ体験していただくことをお勧めします。

令和元年12月4日(水曜日)

JICA海外協力隊 来庁

相川さんへエールを送る市長 JICA(独立行政法人国際協力機構)海外協力隊として、今月からセネガルに派遣される相川さんが本市出身ということで私を訪問してくれました。
 JICA海外協力隊は、開発途上国からの要請(ニーズ)に基づき、それに見合った技術・知識・経験を持ち、開発途上国の人々のために活かしたいと望む方を現地へ派遣・活動をしている団体です。
 相川さんは、国際協力に関心があり、電気や水道が十分でない途上国の環境を体験的に経験したいと思い、海外協力隊に応募されました。現地では、小学校を巡回し、主に算数能力の向上にあたるとのことで、子どもたちに教えるのではなく一緒に学びたいという思いとのことでした。
 2年間という限られた期間になりますが、体調には十分に気を付けながら、本市で培った経験を現地の子どもたちへ伝え、喜ばれる支援をしていただけることを祈念しています。