ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > 市長のフォトレポート 2019年6月

市長のフォトレポート 2019年6月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日

目で見る市長の動き

このコーナーでは、市長としての仕事の一端を写真で紹介します。

2019年(令和元年)6月30日(日曜日)

アース・モンダミンカップ大会表彰式

申プロに副賞を贈呈する市長
申プロに副賞を贈呈する市長

 カメリアヒルズカントリークラブで、LPGA(一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会)ツアー第17戦「アース・モンダミンカップ」の4日間の大会が開催され、女子プロゴルファー総勢144名が優勝を目指して熱戦を繰り広げました。
 今大会は、雨が降ったり、時折強風がコースを吹き渡る難しいコンディションでしたが、真剣勝負に賭ける選手の皆さんの強靭な集中力、そして素晴らしい技術に感銘を受けました。
 最終日の表彰式では、優勝されました申ジエプロへの副賞として、袖ケ浦市産コシヒカリ「袖ぴかり」1年分(90kg)と袖ケ浦市マスコットキャラクター「ガウラ」のぬいぐるみを贈呈し、大変喜んでいただきました。また、テレビ放映もあり、袖ケ浦市のPRにも一役買うことができました。

2019年(令和元年)6月29日(土曜日)

袖ケ浦いきいき百歳体操市内交流大会

参加者と一緒に体操する市長
参加者と一緒に体操する市長

 袖ケ浦いきいき百歳体操市内交流大会を市民会館大ホールで開催しました。
 この体操は、専用のおもりを手や足に装着し、歌に合わせてゆっくり行う簡単な体操で、安全で手軽に筋力アップが期待できるものです。
 普段は住民主体により地域の歩いて行くことができる公会堂等で、概ね週に1回1時間程度実施しているもので、現在64団体、約1,200人の方が取り組んでいます。
 今回は市内交流大会として市民会館に各地区からお集まりいただき、表彰や活動報告などを実施するとともに、体操の実演を行いました。
 少しずつでも始めて、そして続けることが大切です。体も心も健やかになります。まだ、活動されていない方は、ぜひ地域の活動に参加してみてください。

2019年(令和元年)6月29日(土曜日)

千葉県君津支部消防操法大会

出場分団を激励する市長
出場分団を激励する市長

 千葉県君津支部消防操法大会が長浦消防署で開催されました。
 本大会は、木更津、君津、富津、袖ケ浦の4市各地区代表の分団が一堂に会し、消防ポンプ操作の迅速さや正確さなど日頃の訓練の成果を競い合うものです。
本市からは、ポンプ車の部に第2分団、小型ポンプの部に第18分団が出場しました。
 結果は、第2分団が惜しくも第2位、第18分団は第3位でした。今大会では、残念ながら本市消防団からの県大会への出場はありませんでしたが、両分団は日頃の練習の成果を遺憾なく発揮していただいたと思います。
 このように優秀な消防団員がいることは、全国的にも地震や大雨による災害が発生したり、市内での火災対応時に、地域の防災において非常に心強いことです。引き続き、地域防災の中核を担う存在としてご活躍いただけますようお願いいたします。

2019年(令和元年)6月27日(木曜日)

建設工事表彰式

受賞者と記念撮影する市長
受賞者と記念撮影する市長

 建設工事表彰式を行いました。
 これは、市が発注した建設工事のうち、特に優秀と認められる工事を表彰することで、施工者の意欲を増進するとともに、施工技術の向上を図るため行ったものです。この表彰制度は昨年度創設し、今回が初めての表彰式となります。
 市道川原井林線を整備されました「株式会社我妻建設」様、代宿地区の配水管整備をされました「株式会社北袖商事」様におかれましては、優秀建設工事の受賞おめでとうございました。今回の受賞を契機に、市の発展のため、より一層のご理解とご協力をお願いいたします。

2019年(令和元年)6月27日(木曜日)

庁舎職員避難訓練

消火器操作訓練を見学する市長
消火器操作訓練を見学する市長

 庁舎職員避難訓練を実施しました。
 当日は、災害発生の合図とともに、まずは地震から身を守るため、「姿勢を低くする」「頭・体を守る」「揺れが収まるまで動かない」の3つの安全行動を約1分間行うシェイクアウト訓練を行いました。
 そして、新館3階給湯室より火災が発生したと想定して、消火訓練、避難誘導訓練などを行いました。
 災害が発生した場合においても、被害を最小限に留めるためには、非常時に落ち着いた行動がとれるよう、定期的に訓練を重ねることが重要となります。職員各自が日頃から防災への意識を持ち、関心を深めるとともに、役割分担をしっかりと自覚し、一丸となって、市民の皆さまの安全と安心の確保に努めてまいります。

2019年(令和元年)6月23日(日曜日)

オルカ鴨川FC公式戦及びホームタウンパートナーシップ協定締結式

キックインセレモニーを行う市長
キックインセレモニーを行う市長

 オルカ鴨川FC公式戦が市陸上競技場で開催され、試合開始前には袖ケ浦市とオルカ鴨川FCとの間でホームタウンパートナーシップ協定を締結しました。
 これは、スポーツを通じて地域振興・地域貢献に取り組み、青少年の健全な育成、市民の健康増進・豊かな社会生活を実現することを目的とするものです。
 オルカ鴨川FCの皆さんには、これまでも本市の幼稚園や小学校でのサッカー教室の開催、ウォーキングフェスタへ実行スタッフとしての参加など、様々なところでご協力いただているところではありますが、この協定により、これまで以上に互いに連携を取り、支援・協力する体制を整えることができます。
 オルカ鴨川FCには、この協定を機に、悲願のなでしこリーグ1部昇格を実現していただくとともに、末永くこの陸上競技場で、市民の皆さまに夢と希望を与え続けてほしいと願っています。

2019年(令和元年)6月16日(日曜日)

ユニセフ・ラブウォークin袖ケ浦

参加者と記念撮影する市長
参加者と記念撮影する市長

 ユニセフ・ラブウォークが袖ケ浦で開催されました。
 これは、参加者がウォーキングなどで健康増進に寄与し、世界中の子どもたちと健康の喜びを分かち合い、また、募金活動を通して、ユニセフを通じた世界中の子どもたちへの支援を行う取組です。参加費などがユニセフ募金となり、開発途上国の子どもたちの健康に役立てられます。
 当日は、天気が良く、少し暑いくらいでしたが、私も63名の市内外からの参加者とともにご一緒させていただき、一昨年市内で初めて国史跡に指定された「山野貝塚」や重要無形民俗文化財に指定されている「上総掘り」、袖ケ浦公園の花菖蒲などをご覧いただきながら約5kmのコースを歩きました。
 世界中で支援を必要とする子どもたちのため、このような活動がさらなる発展を遂げられることを祈念いたします。

2019年(令和元年)6月3日(月曜日)

千葉県君津土木事務所 来庁

千葉県君津土木事務所長へ要望書を提出する市長
千葉県君津土木事務所長へ要望書を提出する市長

 千葉県君津土木事務所へ要望書を提出しました。
 都市計画道路西内河根場線の早期供用や、国道409号の4車線化及び東京湾岸道路の早期事業化など、市内における県事業12項目について、推進を要望しました。
 一昨年に完成した袖ケ浦アンダーパス(都市計画道路高須箕和田線)はこうした活動の成果でもあります。
 市としましては、市道の整備はもちろんですが、国や県に対して国道や県道の整備要望を引き続き行い、安全で円滑な市内の自動車交通・歩行者交通の確保を図ってまいります。

2019年(令和元年)6月2日(日曜日)

消防団早出し競技会

優勝トロフィーを授与する市長
優勝トロフィーを授与する市長
 

 袖ケ浦市消防団早出し競技会が長浦消防署で開催されました。
 本大会は、消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図り、消防ポンプ車の機関運用及び放水技術の向上を目的に開催しているものです。
 当日は、貯水槽から揚水、ホースを延長し、約60メートル先の標的(火点)を倒すまでの操法を、安全・的確・迅速を重点に競い合いました。
 結果は、第12分団が見事優勝しました。第12分団は、昨年の君津支部消防操法大会でも優勝し、千葉県大会でも立派な成績を残すなど、その実力は折り紙付きで、本競技会でもその実力を遺憾なく発揮してくれました。
 消防団員の皆さまには、平素からそれぞれの生業の傍ら消防防災活動に対し、昼夜を問わず献身的な努力をされておりますことに対して、心より感謝申し上げます。引き続き、地域防災にご協力をお願いいたします。