ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > 市長のフォトレポート 2019年5月

市長のフォトレポート 2019年5月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日

目で見る市長の動き

このコーナーでは、市長としての仕事の一端を写真で紹介します。

2019年(令和元年)5月31日(金曜日)

市内施設見学バスツアー

ツアー参加者へまちづくりの様子を話す市長
ツアー参加者へまちづくりの様子を話す市長

 市内には多種多様な施設があり、また、様々な魅力や新たなまちづくりが行われていますが、住んでいる市民の皆さまでもそうしたところへ訪れる機会が少なく、あまり馴染みがない施設もあります。そこで市民の皆さまにも、わがまちの様子や施設を見学してもらい、理解を深めてもらうために、平成28年度より市内施設見学バスツアーを企画しています。
 今年度の第1回目は、「市役所の仕事をのぞいてみた!?ツアーで発見 自治体のお仕事」をテーマに、「市役所」では、市長室にお招きし、私の1日の仕事の様子や本市のまちづくりなどを直接お話させていただきました。その後、議場では、議会の役割などを説明させていただき、庁舎の屋上から袖ケ浦駅海側地区のまちづくりをご覧いただきました。「長浦おかのうえ図書館」では普段入ることのできない書庫を見学し、「長浦消防署」では、訓練の様子や高所放水車への乗車、非常食の試食をしていただきました。
 参加者からは「普段見ることができない場所や仕事が見られてよかった」や「意外と知らないことが多いと感じさせられた」などの感想をいただきました。
 このバスツアーは、今年度あと3回を予定しています。様々な角度から袖ケ浦を見ることができる企画を用意していますので、新たな発見があったり、魅力を感じることができると思います。第2回目の募集(6月20日まで)が始まっていますので、ぜひご参加ください。

2019年(令和元年)5月20日(月曜日)

首都圏中央連絡自動車道建設促進期成同盟会通常総会

監査報告する市長
監査報告する市長

 首都圏中央連絡自動車道建設促進期成同盟会通常総会が三井ガーデンホテル千葉で開催され、役員や会員である国、県、市町村、関係団体の長が集まりました。
 本会は、千葉県内の圏央道及び関連道路の建設促進に努め、県土の均衡ある発展を図るとともに、住民の福祉の向上に寄与することを目的としています。
 当日は、平成30年度の事業報告、そして監事である私より、平成30年度決算について監査報告をさせていただきました。
 今年度も、圏央道の早期整備の促進と関連道路の一体的な整備について、国へ要望してまいります。

2019年(令和元年)5月18日(土曜日)

うぐいす杯ソフトボール大会

挨拶する市長
挨拶する市長

 うぐいす杯ソフトボール大会が百目木公園で開催されました。今回で23回目を迎える本大会は、本市役所職員と袖ケ浦で操業する9社の企業の皆さまが交流を図ることを目的に実施しているものです。
 このうぐいす杯ソフトボール大会は、宴席での懇親会ではなく、ソフトボールというスポーツを通して、ともに楽しく汗を流すことで、情報交換しながら親睦を深めることができ、健康増進にもつながる良い機会と考えております。親睦が目的ではありますが、素晴らしいプレーも要所で見られるなど、毎年大変な盛り上がりを見せています。
 しかしながら、本大会を始めてから23年が経過し、時代の移り変わりとともに、働き方や個人の考え方など、様々なものが変化してまいりました。企業の皆さまも日頃より企業間で交流を図られており、その関係性は円熟していることから、本大会も今大会で幕が閉じられることになりました。
 最後の大会となった今大会で事務局を務められた、株式会社荏原製作所及び旭化成株式会社の皆さまをはじめ、各企業の皆さまにおかれましては、業務ご多忙のところ、長きにわたり大会にご協力いただいたことに感謝申し上げます。
 これまで大会で培った企業の皆さまの交流の輪とエネルギーを今後とも、袖ケ浦の発展のためにお貸しくださいますようお願い申し上げます。

2019年(令和元年)5月15日(水曜日)他

~市長が語る~わがまちの今・これから

市政の現状を説明する市長
市政の現状を説明する市長

 ~市長が語る~「わがまちの今・これから」を4会場で開催し、145名の市民の皆さまにご参加いただきました。平成24年から開催しております本説明会は、一昨年より内容と名称をリニューアルしてお届けしております。
 本説明会は、直接市民の皆さまに、これまでのまちづくりや市政の現状、今後の課題などを説明させていただくことで、情報共有を図り、市民協働を進めるために実施しております。
 今回は、本市の現行の総合計画が本年度を以って終了し、令和2年度にスタートする次期総合計画の策定作業を進めていることから、これまでの10年間を振り返り、どのようなまちづくりをしてきたのか、その結果、どのような成果や魅力がまちにあるのかというところを改めて確認させていただきました。
 また、次期総合計画における将来のまちづくりの方向性についてもお話しました。市民の皆さまからも様々な手法でご意見を伺っておりますが、それらについての情報を共有し、ともに計画策定作業を推進していくことが重要と考えております。

2019年(令和元年)5月11日(土曜日)

百目木公園まつり

祝餅投げをする市長
祝餅投げをする市長

 第29回百目木公園まつりが盛大に開催されました。
 当日は、晴天に恵まれ、絶好のお祭り日和となりました。会場では、上総太鼓や中川小学校5・6年生による中川ソーラン、平川中学校吹奏楽部による演奏などが披露され、また、フリーマーケット、焼きそばやかき氷などの各種露店が出店し、新緑が色増す中、大勢のお客様が楽しんでいました。
 百目木公園は、いろいろな世代の方が楽しめる施設が整っています。夏季には地下水を利用したプールがオープンしますので、ぜひご来園いただきお楽しみください。

2019年(令和元年)5月8日(水曜日)

内外情勢調査会

本市の観光振興への取組を説明する市長
本市の観光振興への取組を説明する市長

 時事通信社主催による内外情勢調査会南房総支部の懇談会が木更津ビューホテルで開催され、私もお招きいただきました。
 今回は、特別企画として「地域資源を活用した観光戦略を語る-持続可能なまち・地域をめざして-」をテーマに、木更津市長、君津市長、富津市長とともに、講演及びパネルディスカッションを行いました。
 私は、本市の多様な観光施設や各種イベントの紹介をはじめ、地域資源の活用や観光資源の掘り起こしなど、袖ケ浦の様々な魅力や取組についてお話させていただきました。
 今後は、袖ケ浦駅海側地区にオープンする商業施設に袖ケ浦市観光協会による本市の魅力を発信したり、物販や飲食もできる交流施設の開設を予定しています。ここを拠点に本市の持つ様々な観光・地域資源の価値・魅力を市内外へ発信してまいります。