ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > 市長のフォトレポート 2019年1月

市長のフォトレポート 2019年1月

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月31日

目で見る市長の動き

このコーナーでは、市長としての仕事の一端を写真で紹介します。

2019年(平成31年)1月30日(水曜日)

千葉県市長会定例会・職員表彰式

企画財政部長、消防長と記念撮影する市長
企画財政部長、消防長と記念撮影する市長

 平成30年度第3回千葉県市長会定例会・職員表彰式が東京ベイ幕張ホールで開催されました。
 定例会では、冒頭に新たに市長となられた石井君津市長をはじめ、直近の選挙で当選された6名の市長の紹介がありました。議案審議では、平成31年度の事業計画や役員の選出、職員表彰規定の一部改正などについて審議が行われ、私も理事・社会部会長に選出されました。
 定例会終了後、職員表彰式及び祝賀会が開催され、本市からは、宮嶋企画財政部長と古川消防長が永年勤続により表彰されました。
 今後も、県内各市の発展並びに住民福祉の向上のため、厳正なる審議や協議、そして国、県などへの要望活動を行ってまいります。

2019年(平成31年)1月28日(月曜日)

市民と市長のふれあいトーク

傾聴ボランティアうさみみの皆さんのお話を伺う市長
傾聴ボランティアうさみみの皆さんのお話を伺う市長

 傾聴ボランティアうさみみの皆さんと、ふれあいトークを実施しました。
 傾聴ボランティアうさみみの皆さんは、平成22年の発足以来、主に高齢者を対象に、話を聴いて心に寄り添う、いわゆる傾聴ボランティア活動を行っています。これにより利用者の皆さんは、考え方の整理がついたり、自分なりに納得のいく判断に至ることができるなど、利用者の心の安定の一助になるとともに、自立支援のお手伝いをすることで、高齢者福祉の発展に寄与しております。昨年には、この功績が認められ、クローバー賞(新日鐵住金君津社会貢献賞)を受賞しました。
 意見交換では、市政全般に関して、日頃から感じている様々なご意見や思いをお伺いし、それに対する私の考えなどをお話ししました。短い時間ではありましたが、有意義な意見交換ができたと感じています。
 傾聴ボランティアうさみみの皆さんにおかれましては、これからも高齢者等の皆さんのため、地域のために御支援と御協力をお願いいたします。
 このように、市民の皆さまと将来のまちづくりの方向性を共有し、ともに推進していくことが、次の袖ケ浦を創っていくためには非常に重要です。皆さまもぜひ、ふれあいトークで貴重なご意見をお聞かせください。

2019年(平成31年)1月28日(月曜日)

スクールサポーター来庁

スクールサポーターと記念撮影する市長
スクールサポーターと記念撮影する市長

 本市のスクールサポーターが木更津警察署からの感謝状受賞報告で来庁されました。
 スクールサポーターは、児童生徒の安全確保のため、下校時のパトロールや不審者対応訓練・防犯指導、安全マップの作成などをはじめ、児童生徒の問題行動に対する相談活動や警察等関係機関との連携など、子どもたちを見守る活動を行っています。
 このたび、長年に渡り警察と連携した活動を積極的に推進し、児童生徒が安全で安心して成長できる環境の醸成に多大なる貢献をしたことから、木更津警察署より感謝状が贈られました。
 スクールサポーターは、子どもたちの安全で安心な生活にとって欠かせない存在となっています。これからも地域のため、本市のために、ご協力をお願いいたします。
 このたびの受賞、おめでとうございました。

2019年(平成31年)1月26日(土曜日)

山野貝塚講演会

山野貝塚からの出土品を見学する市長
山野貝塚からの出土品を見学する市長

 山野貝塚講演会「山野貝塚から縄文時代のムラと社会を探る」を市民会館で開催しました。
 飯富に所在する山野貝塚は、平成29年10月に国史跡に指定されました。また、本年2月にはその指定範囲が広がる予定となっています。
 今回の講演会では、当時、山野貝塚の発掘調査を担当された上守氏と、縄文時代の社会を研究されている谷口氏を講師にお招きし、山野貝塚から発見された住まいの跡などから縄文時代のムラと社会の在り方についてご講演いただきました。
 本講演を聴講された皆さまは、山野貝塚の重要性と保存について関心を持っていただけたのではないでしょうか。
 先人から託された貴重な文化財である山野貝塚を、大切に後世へ引き継いで行くため、これからも、その重要性や保存する意義を、様々なかたちで発信してまいります。

2019年(平成31年)1月20日(日曜日)

袖ケ浦市消防出初式

消防車両の入場を迎える市長
消防車両の入場を迎える市長

 平成31年消防出初式を昭和小学校で開催しました。
 消防出初式は、年頭に当たり、消防防災に対する決意を新たにし、日夜防災の第一線に立ち活動する消防職員及び団員の陣容や訓練を市民の皆さまに広く公開することで、消防に対する理解と重要性を深めてもらうとともに、消防職員及び団員の士気高揚と団結の強化を図ることを目的としています。
 当日は、来賓や多くの市民の方々が見守る中、操法演技や救出活動、放水訓練を実施しました。
 今後も消防団をはじめ、自主防災組織や関係機関と連携を図りながら、市民の皆さまが安心して暮らせるよう防災体制の強化に努めてまいります。

2019年(平成31年)1月12日(土曜日)

新春マラソン大会

表彰状と記念品を授与する市長
表彰状と記念品を授与する市長

 新春マラソン大会が総合運動場で開催されました。
 本大会は、これまで毎年1月1日に開催していた「元旦マラソン」の名称と開催日を変更し、実施したものです。運営には、袖ヶ浦高校の陸上部と書道部の皆さんにもご協力いただきました。
 当日は、非常に寒く、途中で雨が降り出すなど、コンディションはあまり良くありませんでしたが、今年も多くのランナーの皆さんに参加いただきました。
 走り終えたランナーの皆さんの顔からは、達成感や充実感が感じられ、今年も気持ちよく新年を迎えられ、本大会に臨むことができたのだと推察します。
 大会に参加された皆さまが、新年の走り初めとなる本大会で弾みをつけていただき、今年もさらなる飛躍の年となることを願っています。

2019年(平成31年)1月7日(月曜日)

千葉日報社賀詞交歓会

県内他市町村の首長とともに登壇する市長
県内他市町村の首長とともに登壇する市長

 新しい時代を開く千葉県民の集い・2019年新春賀詞交歓会(千葉日報社主催)が京成ホテルミラマーレで開催されました。
 当日は、県内の政治、経済、文化、スポーツなど各界から約800人が参加しました。
 今年の5月には改元され新しい時代へ突入します。そして来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックでは、チーム千葉として心をひとつにして取り組んでいく必要があります。
 新しい時代が千葉県にとって発展と幸せの幕開けになることを祈念しました。