ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 袖ケ浦市教育委員会 > 令和元年度女性セミナーを開催しています(市民会館)

令和元年度女性セミナーを開催しています(市民会館)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月24日

令和元年度女性セミナー

 社会的課題や生活課題を女性の視点から取り上げ、自己の課題と認識し、その改善や解決に結びつく学習を行うとともに、地域の仲間づくりを進めます。

開催内容

主催

 袖ケ浦市民会館

開催回数

 令和元年6月から令和2年2月までの期間で全7回

メインテーマ

 災害に備えて

開催日程

実施日

場 所

学   習   内   容

1

6月25日(火曜日)

市民会館

開講式・自彊術~日本で最初の健康体操をやってみよう~(避難所でエコノミークラス症候群にならないために:災害に備えて(1))

2

7月10日(水曜日)

市民会館

コントdeげき隊(消費者詐欺防止コント)&木更津警察署による講話

3

9月27日(金曜日)

市民会館

食品の家庭備蓄を始めよう(災害に備えて(2))

4

11月28日(木曜日)

東京都江東区他

移動教室「東京臨海広域防災公園他」(災害に備えて(3))

5

12月3日(火曜日)

市民会館

安心できる避難所づくり(男女共同参画の視点を避難所運営に:災害に備えて(4))

6

1月24日(金曜日)

市民会館

整理収納セミナー(大事なものを整理しよう:災害に備えて(5))

7

2月18日(火曜日)

市民会館

袖ケ浦を食べよう~袖っ粉ミックス調理講習会~・閉講式

※日程や内容については変更となる場合があります。

開催のようす

第1回女性セミナー 「自彊術~日本で最初の健康体操をやってみよう~(避難所でエコノミークラス症候群にならないために:災害に備えて(1))」

 今年度最初の講座は、日本で最初の健康体操である自彊術入門。避難生活における健康管理について説明したのち、自彊術の31の動作を説明を聞きながら体験。講座生からは「初めてでしたが、体がすごく温まり楽しかったです。」、「全身痛めていて出席するのをまよったのですがとても良いセミナーでした。」などという声がたくさん聞かれ、避難生活だけでなく普段の生活にも活用できそうな体操を体感できたようでした。

講師

林氏、山本氏

講座の様子
 
第2動第5動
第2動第5動

第2回女性セミナー 「コントdeげき隊(消費者詐欺防止コント)&木更津警察署による講話」

 2回目の講座は、消費者教室との共催で、NHK首都圏ネットワークで放送されたこともある消費者啓発出前劇団「コントdeげき隊」によるコントで、笑いながら電話de詐欺の手口を学びました。また、消費生活センターには光ファイバー回線に関する事例を紹介していただいたほか、木更津警察署には、電話機の詐欺対策機能と交通安全について、サックス演奏を交えながらお話しいただきました。 講座生からは「とてもおもしろく役に立ちました。」、「大変、詐欺の対策が分かりました。」、「アルトサックスの演奏などとても楽しく話を聞く事ができました。」などという声が聞かれました。

講師

NPO法人いちかわ市民文化ネットワーク、袖ケ浦市消費生活センター、木更津警察署地域課

講座の様子
 
還付金もらえます手口カバン失くした手口
還付金もらえます手口カバン失くした手口
光ファイバー回線トラブル詐欺対策機能
光ファイバー回線トラブルの紹介電話機の詐欺対策機能の実演

第3回女性セミナー 「食品の家庭備蓄を始めよう(災害に備えて(2))」

 3回目の講座は、講師をお願いしていた危機管理課職員が台風15号に伴う災害対応のためキャンセルとなってしまったため、急遽市民会館職員と社会教育推進員による「食品の家庭備蓄を始めよう」を開催しました。家庭での食品備蓄の重要性のほかローリングストックやパッククッキングなどについて学んだあと、パッククッキングの体験と防災倉庫にある非常食の試食を行いました。 講座生からは「タイムリーなセミナーでとても良かったです。おかゆもこんなに簡単に美味しくできるのかと良い勉強になりました。」、「自分の所も停電が4日間続き本当に大変でした。色々と参考になりました。」などという声が聞かれました。

講師

市民会館、社会教育推進員

講座の様子
 
資料の写真パッククッキングの写真
講義資料パッククッキングに挑戦
非常食の写真おかゆと非常食の写真
非常食も作ってみました

パッククッキングで作ったおかゆと非常食のチキンシチュー(ラップを使って洗い物の削減に)(お米はもちろん千葉県産)


第4回女性セミナー 移動教室「東京臨海広域防災公園他(災害に備えて(3))」

 4回目の講座は、移動教室を実施しました。「東京臨海広域防災公園」では、防災体験学習施設で地震発生後72時間の生存力をつける体験学習ツアーに参加したほか、発災時に使用されるオペレーションルームやヘリポートの見学、首都直下地震特設コーナーや自助体験コーナーなどで災害への備えを学びました。「味の素kk川崎工場」では、ほんだしコースを見学し、安全安心な製品づくりについて学んだほか、公益財団法人日本オリンピック委員会と共同で日本代表選手団を「食と栄養」の分野で支援する「ビクトリープロジェクト」の取組みについても学びました。 講座生からは「台風15号・19号そして大雨と続く中で防災への意識が高まっている中で、地震への備えについても考えることができた。」、「ほんだしおにぎりは、非常食としてもよいものだと思う。備蓄品としてもよいので、普段から用意しておきたい。」などという声が聞かれました。

講座の様子
 
東京直下72Htourオペレーションルーム
東京直下72Htour出発前オペレーションルーム
アジパンダと記念撮影かつお節削り体験
アジパンダと一緒に記念撮影かつお節削り体験

第5回女性セミナー 「安心できる避難所づくり(男女共同参画の視点を避難所運営に:災害に備えて(4))」

 5回目の講座は、当初「水墨画で年賀状を書いてみよう」を予定していましたが、お願いしていた講師の方が台風の影響によりキャンセルとなってしまったため、市民会館職員と社会教育推進員による「安心できる避難所づくり」を開催しました。東日本大震災の経験を踏まえ、青森県が青森市とおいらせ町の協力の下、作成したDVDを視聴。発生から3~4日後の避難所づくり・運営のポイントを学びました。また、まちづくりにかける元気な女性たちの取組みを紹介するDVDを視聴した後、ワールドカフェ風にワークショップを実施し、来年度の女性セミナーのテーマ等について全員で検討しました。 講座生からは「説得力のあるビデオで大変勉強になりました。」、「自分のふるさとで皆さん協力し合ってやっているのに感心しました。私も何かやれるかなと感じています。」などという声が聞かれました。

教材

・安心できる避難所づくり~男女共同参画の視点を避難所運営に~(企画・編集:青森県男女共同参画センター)

・体験!発信!チャレンジ・ストーリー~まちづくりにかける元気な女性たち~(企画:内閣府男女共同参画局)

講座の様子
 
ワールドカフェ風にワークショップお茶を飲みながら
ワールドカフェ風にワークショップお茶をしながら来年度の講座を考えました

第6回女性セミナー 「整理収納セミナー(大事なものを整理しよう:災害に備えて(5))」

 6回目の講座は、消費者教室との共催で、整理収納アドバイザーによる整理収納のコツを学びました。また、消費生活センターには通信販売・ネット販売のトラブル回避のポイントをお話しいただきました。 講座生からは「目からうろこのようなお話も伺え、参考になりました。」、「細かな考え方やテクニックなど、いろいろな話が聞けて良かった。」などという声が聞かれました。

講師

森氏、袖ケ浦市消費生活センター

講座の様子
 
通信販売安心利用のポイントクローゼット収納のコツ
通信販売のトラブルの紹介クローゼット収納のコツ
備蓄食品の収納テクニックグループで片付けで困っていることを共有
備蓄食品の収納テクニックグループで片付けで困っていることを共有