ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > くらしのメニュー > 学校教育 > 袖ケ浦市教育委員会 > 令和2年度女性セミナーを開催しています(市民会館)

本文

令和2年度女性セミナーを開催しています(市民会館)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月10日

令和2年度女性セミナー

 社会的課題や生活課題を女性の視点から取り上げ、自己の課題と認識し、その改善や解決に結びつく学習を行うとともに、地域の仲間づくりを進めます。

開催内容

主催

 袖ケ浦市民会館

開催回数

 令和2年9月から令和3年2月までの期間で全6回

メインテーマ

 暮らしと環境を考えよう

開催日程

実施日

場 所

学   習   内   容

1

9月4日(金曜日)

市民会館

開講式・「感染症疾患と予防対策」

(健康を考えよう)

2

10月7日(水曜日)

市民会館

廃食油で作る「エコキャンドル」

(環境を考えよう)

3

11月10日(火曜日)

郷土博物館

移動教室 ミュージアムツアー

(郷土を考えよう)

4

12月10日(木曜日)

市民会館

男女共同参画ことはじめ & 睡眠・快眠講座

(男女共同参画を考えよう)

5

1月14日(木曜日)

市民会館

地域や家庭でできる防災対策を学ぼう

(防災を考えよう)

6

2月17日(水曜日)

市民会館

珈琲の淹れ方講座・閉講式

(消費生活を考えよう)

※日程や内容については変更となる場合があります。

開催のようす

第1回女性セミナー 「感染症疾患と予防対策」(健康を考えよう)

 今年度最初の講座は、君津中央病院で感染症対策の最前線で奮闘されている認定看護師の堀井氏を講師にお招きし、「感染症疾患と予防対策」についてお話ししていただきました。また、「地域医療の現状と君津中央病院の役割について」地域医療センター斉藤氏にお話ししていただき、上手な病院のかかり方について学びました。講座生からは「世の中で言われている情報には、あっていないものもあるようで専門の方の話も聞けて大変ためになった。」「君津地域の現状を知ることができ良かった。」との声が聞かれ、新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、巷にあふれる根拠のない情報に惑わされることなく、「正しく恐れる」ことを再度確認していたようでした。

講師

君津中央病院 感染管理 認定看護師 堀井氏、地域医療センター 斉藤氏

講座の様子
 
講師の方々講義の様子
講師の方々「それでもCOVID-19は怖い、罹ったらどうなるの?!」の説明

第2回女性セミナー 「廃食油で作るエコキャンドル」(環境を考えよう)

 今回の講座は、千葉県地球温暖化防止活動推進員の広田氏を講師にお招きし、廃食油のリサイクルをとおして環境について学びました。講座生からは「キャンドルづくりの他にも、環境についてのお話しももう少し聞きたかったかなあと思います。」「防災用に役に立つ、停電の時使いたいと思います。」との声が聞かれ、環境とともに防災についても意識の高揚が図られました。

講師

千葉県地球温暖化防止活動推進員 広田氏

講座の様子
 
説明の様子上手にできました
芯のつくり方の説明上手にできました!

第3回女性セミナー 郷土博物館「ミュージアムツアー」(郷土を考えよう)

 今回の移動教室は、郷土博物館でのミュージアムツアーを実施しました。学芸員に説明していただきながら、常設展示、企画展、収蔵庫を見学し、郷土について学びました。講座生からは「専門家の方のお話がうかがえて、知らなかったこともたくさん聞くことができ、勉強になりました。」「通常の見学では学べない興味深い説明をしていただいて、袖ケ浦の奥深さを実感した。」との声が聞かれ、改めて郷土を考える講座となりました。

講師

袖ケ浦市立郷土博物館 桐村氏、前田氏、大橋氏

講座の様子
 
楢葉駅の説明明治のコレラ騒動
楢葉駅の説明歴史は繰り返す 明治のコレラ騒動