ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 講座・教室 > 袖ケ浦市教育委員会 > 令和2年度昭和ふれあい教室を開催しました(市民会館)

本文

令和2年度昭和ふれあい教室を開催しました(市民会館)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年2月4日

令和2年度昭和ふれあい教室

 健康で充実した生活を送ることができるよう、学習や交流活動を通して、一人ひとりの生きがいを促進するとともに、仲間づくりを行います。

開催内容

主催

 袖ケ浦市民会館

開催回数

 令和2年9月から令和3年1月までの期間で全5回

対象

 昭和地区の60歳以上の方

開催日程

実施日

場 所

学   習   内   容

1

9月30日(水曜日)

市民会館

開級式・「コロナウイルスに負けない!!~今日からできるこころと体づくり~」

2

10月21日(水曜日)

陸上競技場

グラウンド・ゴルフ入門「秋空のもとチャレンジしてみよう!」

3

11月13日(金曜日)

市民会館

防災講習会「平日に頼りになるのは皆さんです!」

4

12月17日(木曜日)

市民会館

映画会「地域で減災!あなたが力 みんなが力」、「「ただいま」の声を聞くために」、「綾小路きみまろ 爆笑!エキサイトライブビデオ第2集」

5

中止

市民会館

「袖ケ浦学講座~袖ケ浦を見る・知る・学ぶ・伝える~」・閉級式

 

開催のようす

第1回昭和ふれあい教室 「コロナウイルスに負けない!!~今日からできるこころと体づくり~」

 今年度最初の教室は、コロナ禍での介護予防について学びました。「コ」こころの健康、「ロ」口(くち)の健康、「ナ」なんでもバランスよく食べましょう、「ウイルス」ウイルス感染予防、「退」体操で元気な体づくり、「散」散歩のすすめ、「コロナウイルス退散」の合言葉を使った6つのポイントをクイズや体操などを交えてお話しいただきました。学級生からは「内容が分かりやすく、運動もあり、良かった」などの声が聞かれ、好評でした。最後は運営委員の発声による「笑いの三笑」で締めました。

講師

袖ケ浦市地域包括支援センター 小曽根氏

教室の様子
 
講演の様子講演の様子2
講師もマウスシールドで飛沫防止距離を保って着席

第2回昭和ふれあい教室 「グラウンド・ゴルフ入門~秋空のもとチャレンジしてみよう!~」

 2回目の教室は、秋晴れの空のもと、昭和ふらっとスポーツクラブにご協力をいただき、グラウンド・ゴルフに挑戦しました。初めての方が多かったですが、楽しそうにプレイされていました。学級生からは「ルールも簡単で、楽しい」などの声が聞かれました。また、「グラウンド・ゴルフ」が健康に及ぼす効果についての説明を受け、健康寿命の延伸につながることが期待されるとのことで、グラウンド・ゴルフに興味を持たれたようでした。

講師

昭和ふらっとスポーツクラブ(総合型地域スポーツクラブ)

教室の様子
 
プレイの様子1プレイの様子2
良い天気に恵まれました初めてでも楽しくプレイ

第3回昭和ふれあい教室 防災講習会「平日に頼りになるのは皆さんです!」

 3回目の教室は、市役所の防災担当による防災講習会を実施しました。「災害に備えて」と題した講義を聞いた後、ダンボールベッド、間仕切り、マンホールトイレの設営を体験しました。学級生からは「マンホールトイレは電気がなく、夜使うときは電灯などを持っていかなければならないことなど、体験したことによってわかることがあった」などの声が聞かれました。最後は運営委員の発声による「笑いの三笑」で締めました。

講師

袖ケ浦市総務部危機管理課 志保澤氏、藤平氏

教室の様子
 
ダンボールベッドと間仕切りの設営マンホールトイレの説明
ダンボールベッドを作ってみましたマンホールトイレの説明

第4回昭和ふれあい教室 「映画会」

 4回目の教室は、映画会を行いました。防災・人権・娯楽に関する3本を上映し、涙あり笑いありの内容でした。人権では、今年亡くなられ、市民会館でも講演していただいたことのある横田滋さんを偲び「「ただいま」~の声を聞くために~」を上映しました。最後は、「笑いの三笑」で締めました。

上映作品

・地域で減災!あなたが力みんなが力

・「ただいま」~の声を聞くために~

・綾小路きみまろ爆笑エキサイトライブビデオ第2集

「「ただいま」~の声を聞くために~」の上映に当たって

 拉致被害者の家族は、高齢化が進んでいます。被害者と家族が1日も早く再会できるよう、国民一人ひとりがこの問題に関心と認識を持つことが大切です。

「「ただいま」~の声を聞くために~」の上映に当たって [PDFファイル/1.83MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)