ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > スポーツ > 袖ケ浦市教育委員会 > 【8月23日~緊急事態宣言解除の日まで】社会体育施設及び学校体育施設の利用制限について
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 袖ケ浦市教育委員会 > 【8月23日~緊急事態宣言解除の日まで】社会体育施設及び学校体育施設の利用制限について

本文

【8月23日~緊急事態宣言解除の日まで】社会体育施設及び学校体育施設の利用制限について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月20日

 医療提供体制がひっ迫し、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる病床を増床すると同時に一部診療制限を行っている状況です。

また、感染拡大に伴い、救急件数も多くなっており、救急車が到着しても搬送先の病院が決まらない「救急搬送困難事例」が増えています。

この状況を少しでも改善するためには、市内での感染者の発生を抑制することが重要となります。

以上の状況を鑑み、市内の社会教育施設・社会体育施設の閉館・閉場時間を午後7時までにするとともに、既に予約済みの活動についても午後7時以降の活動の中止を強く要請していきます。

利用制限期間

令和3年8月23日(月曜日)から、緊急事態宣言解除の日まで
※ただし、市内および近隣市の感染者状況等を総合的に判断し、変更する場合があります。

社会体育施設、学校体育施設の利用制限について                                          

以下の施設の利用は午後7時までとします。

 

社会体育施設

・臨海スポーツセンター(体育館、多目的室、柔剣道場、トレーニングジム)

・総合運動場(野球場、庭球場)

・長浦公民館(庭球場)

・百目木公園(庭球場)

 

学校体育施設

・小学校(体育館)

・中学校(体育館、武道場)

             

 また、今後の状況により変更する場合は、ホームぺージにてお知らせいたします。