ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

道路整備事業(高須箕和田線)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月21日

事業の概要

 本事業は、JR内房線により分断された袖ケ浦駅の南北地域をアンダーパス(地下道)で結び、広域的な道路ネットワークを構築するものです。

 千葉県君津土木事務所が事業主体となって整備を行い、袖ケ浦市は地方財政法第27条の規定に基づき、負担金を支出しました。

道路の緒元

 
道路規格第4種2級
設計速度V=50km/h
延   長L=407m
計画交通量6,000~7,400台/日
車道車線数2車線
車道最大勾配i=7%(歩道i=5.0%未満)
幅   員W=16.5~32.8m

これまでの経緯等

  • 昭和44年度:高須箕和田線を都市計画道路として決定
  • 平成22年度:都市計画道路の変更を実施
  • 平成23年度:都市計画道路事業認可
  • 平成23年度:千葉県・袖ケ浦市との間で施工に関する覚書を締結
  • 平成24年度:道路詳細設計・JRアンダーパス部詳細設計等を実施
  • 平成25年度~平成29年夏:工事を実施
  • 平成29年7月18日正午~:供用開始  

工事完成後写真

 平成29年7月20日撮影

                              市役所屋上から

市役所屋上からの写真 市役所屋上からの写真

                              市役所周辺道路

市役所周辺道路 市役所周辺道路

                              袖ケ浦アンダーパス

袖ケ浦アンダーパス 袖ケ浦アンダーパス

開通式及び記念式典の様子

           開通式                    テープカット・くすだま割り

竣工式 テープカット・くすだま割り

    袖ケ浦高校吹奏学部の演奏行進          全員歩行による渡り初め

演奏行進 渡り初め