ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

保育サービス事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月18日

事業の概要

そでがうらこども館の写真 平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。

 新制度では、施設などの利用を希望する場合は、利用のための「認定」を受け、それに応じて利用先(保育所(園)、幼稚園など)を選択していく仕組みです。

 認定区分は、子どもの年齢や保育の必要性により分類されます。

これまでの経緯等

 「子ども・子育て」をめぐっては、急速な少子化の進行、結婚・出産・子育ての希望がかなわない現状、子ども・子育て支援が質・量ともに不足、子育ての孤立感と負担感の増加、深刻な待機児童問題などいった現状と課題がありました。

 これらの課題を解決するために、平成24年8月、子ども・子育て関連3法が成立しました((1)子ども・子育て支援法、(2)認定こども園法の一部を改正する法律、(3)関係法律の整備等に関する法律)。

 これらの法律に基づき、全国で平成27年4月から本格的にスタートした新制度は、保護者が子育てについての第一義的責任を有する基本認識の下に、幼児期の教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することを目指します。

現在の現状

園庭開放の写真 市内には、市立保育所5ヵ所、私立保育園5ヵ所、認定こども園1ヵ所、小規模保育事業所1ヵ所、家庭的保育事業所1ヵ所、事業所内保育事業所1ヵ所の保育施設があります。

 また、多様な保育ニーズに対応するため、一時預かり事業、延長保育事業、休日保育事業、病後児保育事業、病児保育事業等の各事業を実施しています。

 さらに、「そでがうらこども館」を含め市内6ヵ所で、子育て中の親子の交流や育児相談、情報提供等を行う子育て支援センター(地域子育て支援事業)を実施しています。

詳細はこちらからご覧ください