ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦を知る > 市の紹介 > 袖ケ浦の今 > 学校環境整備事業(トイレ洋式化等)

学校環境整備事業(トイレ洋式化等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日

事業の概要

 学校環境整備事業では、老朽化した学校環境の改善、主にトイレの老朽化した給排水設備の改修に取り組んでいます。給排水設備の改修にあわせて、トイレの洋式化、乾式化も計画的に実施しています。

※乾式トイレとはモルタル等を使わずにボード類やシート類を用いた工法で施工したトイレのことです。乾式トイレは、水をまかずに清掃ができるため、雑菌の繁殖や臭いを抑えることができ、清掃もしやすくなります。

 

湿式トイレ例

湿式トイレ例(従来型)

乾式トイレ例

乾式トイレ例

これまでの実績

 近年では、平成28年度・29年度・30年度に昭和小学校、平岡小学校、蔵波小学校および奈良輪小学校のトイレ改修を実施し、給排水設備の更新、洋式化及び乾式化を行っています。 

蔵波小学校便所改修工事(平成28・29年度実施)

蔵並小学校改修後男子トイレ蔵波小学校回収後女子トイレ 
 

奈良輪小学校便所改修工事(平成29年度実施)

奈良輪小学校改修後トイレ奈良輪小学校改修後トイレ 

昭和小学校便所(A棟・D棟)改修工事(平成30年度実施)

昭和小学校トイレ昭和小トイレ 

平岡小学校便所(旧校舎西側)改修工事(平成30年度実施)

平岡小トイレ 平岡小トイレ

現在の状況

 平成31年度は昭和小学校校舎便所(E棟)改修工事を予定しております。

 詳細については工事完了後に公表いたします。