ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

放課後子ども教室

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月3日

 放課後子ども教室の目的

  • 子どもたちの放課後に安全で安心して過すことのできる居場所をつくる。
  • 地域の方や異学年との「交流活動」により自然にあいさつの交わせるような人間関係を築く。
  • 様々な「遊びや体験」により、自分がやりたいこと、やってみたいことを見つけ出すチャンスとする。
  • ボランティア、講師、スタッフとして参加する地域の大人の生きがい促進。

体制・組織

スタッフ

  • コーディネーター
       「放課後子ども教室」の総合的調整役。参加の呼びかけ、学校や関係団体との連絡調整、地域の協力者の確保・登録・配置、活動プログラムの企画、教室の運営などを行う。
  • ボランティア
       子どもへの安全管理を図るとともに、他のスタッフへの安全管理に関する意識啓発を行う。
       活動の補助、下校時の見守り・送迎などを行う。

講師

技能を持った地域の方、地域の企業により、交流活動・体験活動などの指導を行う。