ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市民会館 大ホールの利用

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月4日

大ホールの写真

ホール使用のお申し込みについて

申し込み期間

使用日の180日前より受け付けをします
(ただし、利用者番号をお持ちでない方は、新規登録を当館窓口で行ってください)

申し込み方法

開館日の午前9時から午後5時の間に当館窓口及び電話にて受け付けします

使用時間

使用時間は、準備及び原状回復に要する時間を含みます

使用の許可

使用許可書は、使用料納入時に発行しますので、使用日にお持ちください

使用のキャンセル

使用について、変更や取り消しがあった場合は、直ちに当館に連絡してください
使用料の還付については次のとおりです(還付申請が必要です)

  • 天災地変その他使用者の責によらない理由により使用ができなかったとき(全額)
  • 教育委員会が公用または公共用その他やむを得ない理由により使用を取り消し、または使用を中止したとき(その都度教育委員会が定める額)
  • 使用者が使用期日の7日前までに使用の取り消しを申し出たとき(半額)

使用許可の取り消し

次の事項に該当する場合は使用の許可を取り消します

  • 虚偽の申請その他不正の手段により使用の許可を受けた事実が明らかとなったとき
  • 市民会館の管理上支障があると認められるとき
  • 条例または条例に基づく規則に違反したとき
    (前項の規定により使用者において損害を生ずることがあっても教育委員会はその賠償の責を負いません)

目的外使用・権利譲渡等の禁止

使用者は、許可を受けた目的以外に市民会館を利用し、またはその権利を譲渡し、若しくは転貸することはできません

使用料金表

区分午前9時から午後5時まで
1時間につき
午後5時から午後9時まで
1時間につき
大ホール(舞台、楽屋1・2、
ホワイエ等含む)
5,740円8,620円
大ホール(舞台のみ)1,720円2,580円

備考

  1. 本市の住民でない者(在勤を除く)が使用する場合は、規定使用料の5割に相当する額を加算した額とする
  2. 使用時間が1時間未満の場合は1時間とみなす
  3. 6月1日から9月30日までは、「午後9時」を「午後9時30分」とする
  4. 使用者が入場料等を徴収する場合は、規定使用料の5割に相当する額を加算した額とする

大ホールの設備

客席数649席(1階469席、2階180席)、車いす4席 合計653席
大ホール座席表 [PDFファイル/69KB]
舞台間口14.4m 奥行9m 高さ7m
吊物用バトン4本(手動)
調光卓松村電機 F151
60CH×3段プリセット
1000シーン記憶 サブフェーダー20本×50ページ
音響卓3階音響室 YAMAHA M7CL
上手袖卓 YAMAHA LS9
楽屋2室
ピアノYAMAHA CF3-S

 ※他に、照明、音響、舞台の各種附属設備があります。

付属設備使用料

品名単位使用料
(1時間につき)
ピアノ1台440円
第1ボーダーライト1式890円
第1サスペンションライト  
第2ボーダーライト  
第2サスペンションライト  
ホリゾントライト  
シーリングライト  
フロントサスペンションライト  
フットライト1台130円
ステージスポットライト1台40円
テープレコーダー1台220円
マイクロホン1本80円
16ミリ映写機1台220円
プロジェクター1台440円
ビデオデッキ1台220円
CDプレーヤー1台220円
MDプレーヤー1台220円
DVDプレーヤー1台220円
拡声装置1台220円
ブルーレイレコーダ1台220円
三点吊りマイク1式440円
スクリーン1面70円
反響板1式520円
大ホール拡声装置1式520円
ステージスピーカー1式130円
はね返りスピーカー1式50円
指揮者台1台20円
指揮者用譜面台1台20円
譜面台1台10円
平台1枚30円
大ホール講演台1式130円
屏風1双260円
チェロ1台440円
コントラバス1台440円
クラリネット1本440円
オーボエ1本440円
ファゴット1本440円
チューバ1台440円
シンバル1組440円
ティンパニー1台440円

備考  1 平台には箱足、開足を含む 2 大ホール講演台には司会者台、花台を含む 3 使用時間が1時間未満の場合は1時間とみなす

照明・音響設備

  • 調光操作卓 松村電機 F151
  • 音響(舞台袖) YAMAHA LS9
  • 音響(3階) YAMAHA M7CL

大ホールをご利用になる前に

事前打ち合わせ

催し物の内容、進行のわかるものをご持参の上、照明、音響、舞台装置等について、当館との打ち合わせをしてください
事前打ち合わせのなかった場合、当日のご要望等にはお応えできないことがあります
打ち合わせ日時については、事前にご連絡をしていただき調整をいたします(遅くとも1カ月前までにお願いいたします)

関係官庁への届出

使用施設に関わる各官公署への届出については、使用者の方が責任を持って行ってください

準備から現状回復までに必要な人員

必ず会場責任者の届出をしてください 混乱を防ぐためにホールとの連絡はその方とのみ行いますので、常時連絡の取れるようにしてください
会場責任者の方は、原状回復の確認まで責任を持って行っていただきます
搬入、仕込みから当日の運営、入場者整理、受付、駐車場誘導、照明操作、音響操作、楽屋管理、原状回復作業等、催し物に係る全範囲において、使用者側で手配していただきます
なお、手配不十分で起こった事故については、当館では責任は負いません

入場券の取り扱い

催し物の入場券等については、当館での取り扱いはしません
(チラシ、ポスター等はご持参いただければ掲示いたします)

その他のお願い

ごみはお持ち帰りください
当館には舞台装置、照明・音響専属のオペレーターはいません 操作は使用者側で行ってください
(事前に取り扱い説明を必ず受けてください)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)