ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公民館運営審議会の概要と会議録の掲載

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月28日

附属機関等の概要(平成30年7月1日現在)

附属機関等の名称袖ケ浦市公民館運営審議会
設置根拠社会教育法第29条
袖ケ浦市公民館並びに市民会館の設置及び管理等に関する条例第5条
設置の趣旨及び必要性館長の諮問に応じ、公民館における各種の事業の企画実施につき調査審議するため
所管事項
  1. 館長の諮問に応じ、公民館における各種の事業の企画実施につき調査審議する
  2. 市民会館の運営に関し教育委員会の諮問に応ずる
委員数12人以内
委員任期2年
会議の公開・非公開公開
所管部署袖ケ浦市民会館
電話 0438-62-3135
備考 

委員の名簿

氏名選出区分等男女の別備考
小川 幸男学校教育小中学校長会代表
代田 雅文社会教育文化協会代表
田中 輝博社会教育子ども会育成会連絡協議会代表
早川 敦社会教育音楽協会代表
稲毛 博夫社会教育体育協会代表
齋藤 隆彦家庭教育 
長崎 容子学識経験者 
大野 俊江学識経験者 
片寄 礼子学識経験者 
山田 まち子学識経験者 
遠藤 信子学識経験者 
鈴木 利夫公募委員 

平成31年度審議会方針

今の時代が求めている、社会教育についてその実践の場である公民館のあり方を、講習会等に参加し、審議会委員内で意見交換しながら学習しました。
そして、公民館の各種事業の企画実施について社会教育という視点から提言してきました。
31年度は、それをさらに推し進め地域社会の喫緊の課題である「地域」の再構築、「地域の相互扶助」機能復活に向けて、支援していきます。

会議録

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)