ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 講座・教室 > 「ローリングストックと災害時調理のテクニックマスター講座」の参加者を募集します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害への備え > 「ローリングストックと災害時調理のテクニックマスター講座」の参加者を募集します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 生涯学習 > 「ローリングストックと災害時調理のテクニックマスター講座」の参加者を募集します

「ローリングストックと災害時調理のテクニックマスター講座」の参加者を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月10日

根形公民館「ローリングストックと災害時調理のテクニック」

 この講座は、自宅で大規模災害に遭遇した場合を想定し、電気・ガス・水道が止まったキッチンで、日常に近い料理をつくるための工夫と備蓄しておくと良い食材等について学び、非常時に困ると予想される離乳食や介護食について考えます。

 平成30年9月に発生した北海道胆振東部地震では、道内の電力供給がストップするなど、ライフラインが絶たれる事態となり、人々がたった1個のおにぎりを受け取るために数時間も並ぶニュースが流れたことは記憶に新しいと思います。この講座では、自宅避難となった際に、できるだけ普段食べ慣れた食事をとるためのテクニックを習得します。温かいいつものごはんがあれば「生きる力」につながります。それは、東日本大震災の経験から学んだ重要なポイントなのです。

ローリングストックと災害時調理のテクニック講座ポスター画像

開催のご案内

講師

昭和女子大学 現代ビジネス研究所 食プロジェクト

 研究チームは、大規模震災で電気・ガス・水道が止まった自宅のキッチンで日常に近い料理を作る工夫と、その際に役立つ食材について研究。非常食の準備ではなく、日頃から食材を多めに備蓄し、必要な量を消費するローリングストックを検証し、災害時レシピを考案した。食べ慣れた味をいかに再現できるかを実験し、料理レシピサイト「クックパッド」の「昭和女子大学非常食のキッチン」のページで情報を公開している。

開催日

2019年6月1日・6月8日・6月15日・6月29日(いずれも土曜日) 全4回講座

開催時間

10時30分~13時まで

開催場所

袖ケ浦市根形公民館

対象

高校生以上の方

定員

18名(申し込み多数の場合は抽選)

参加費

無料(実習時の材料費実費)

保育があります

2歳~就学前のお子さん おひとり1回300円

※申し込み時に、保育希望と記載のうえ、お子さんの名前(ふりがな)・年齢(〇歳〇ヵ月)・アレルギーの有無をお知らせください。

申し込み方法

メールまたは、ファックスに次の項目を記載してください。

1 「ローリングストックと災害時調理」
2 住所
3 氏名
4 年齢
5 電話番号
6 保育希望の方(お子さんの名前(ふりがな)・年齢(〇歳〇ヵ月)・アレルギーの有無

※申し込み後は、こちらから返信をいたします。5月22日(水曜日)までに返信がない場合は、メールなどが届いていない場合がありますので、お手数ですが、お電話をください。

申し込み先

メール:sode63@city.sodegaura.chiba.jp

ファックス:0438-62-6162

申し込み期限

2019年5月15日(水曜日)まで

詳しい日程について

こちらのチラシをご覧ください。 [PDFファイル/753KB]

ポスター

ローリングストックと災害時調理のテクニック講座ポスター [PDFファイル/773KB]

農林水産省webページ

農林水産省のwebページで、ローリングストックの推奨と災害時調理について紹介するサイトが公開されています。

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/index.html

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)