ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育・文化・スポーツ・生涯学習 > 講座・教室 > 平成29年度ねこまろ初日(8月16日(水曜日))の様子

平成29年度ねこまろ初日(8月16日(水曜日))の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月29日

ねこまろ 初日の様子を紹介します

ねこまろ初日参加者集合写真

8月16日(水曜日)

 今年も地域の若者など、多くの協力を得ることができました。

 初日は、N.O.C及び高校生、大学生計11名が参加してくれました。
 その他に、ねこまろ初年度から応援してくださっている、根形公民館登録サークル、袖ケ浦市レクリエーション協会、社会教育推進員さんがスタッフとして参加してくださいました。

 子どもたちは、1年生から6年生までの計47名が参加しました。

 はじめの会では、主催者である公民館及びN.O.Cのあいさつ、ねこまろイメージキャラクターの表彰などを実施し、終了後、自分たちが参加したい部屋に移動しました。

 ねこまろは、じかんわりを決めるなど、子どもたちの集中力や関心を高めることを意識しています。
 1コマ45分で勉強と遊びの時間を設定し、それを1日5コマ行います。

 この日の午後は、避難訓練と消防体験も行いました。
 消防体験では、袖ケ浦市消防本部の方々の協力のもと、水消火器による消火訓練などを体験しました。
 今日の体験をとおして、将来の職業に消防士を目指す子もいるかもしれません。

 帰りの会ではふりかえりの時間を設け、子どもたちの意見に耳を傾けました。
 そして、解散前に集合写真を撮影し、この日は終了です。

 なお、子どもたちが公民館を後にしてから、スタッフは反省会を実施します。
 反省会では子どもたちの反応、スタッフのあるべき姿など、翌日以降に活かすための意見交換を行いました。

初日の様子を写真で紹介します

勉強している子どもたちを若者が見守っている様子

子どもたちの勉強を見守ります

勉強している子どもたちを若者が見守っている様子

ここはこうすると良いよ

図工に取組んでいる子どもたちを若者が見守っている様子

子どもたちがみんなで何やら相談中

図工に取組んでいる子どもたち

一人より二人だね☆

紙飛行機を飛ばす様子

みんなで紙飛行機飛ばすよ

紙飛行機を飛ばした様子

飛んでけ~!

子どもたちが水消火器を体験している様子子どもたちが消防士さんに質問している様子
貴重な体験です消防士さんに質問中