ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 災害への備え > 木造住宅耐震改修工事について重点区域を定め補助限度額の上乗せを行っております
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい・建築 > 補助・助成 > 木造住宅耐震改修工事について重点区域を定め補助限度額の上乗せを行っております
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 相談 > くらしの相談 > 木造住宅耐震改修工事について重点区域を定め補助限度額の上乗せを行っております

木造住宅耐震改修工事について重点区域を定め補助限度額の上乗せを行っております

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月24日

平成29年度に限り、重点区域を定め、区域内の住宅の耐震改修工事への補助限度額の上乗せを行っております。

なお、市では重点区域内の対象住宅へ個別訪問を行っています。

重点区域

補助限度額の上乗せ対象となる重点区域 [PDFファイル/5.36MB]

(1) 「袖ケ浦市揺れやすさマップ」において最大震度が6.2以上を想定される区域

(2) 袖ケ浦市地域防災計画に指定された「緊急輸送路沿線」

対象住宅

 限度額の上乗せ額

補助対象工事補助対象者補助率上乗せ前限度額上乗せ後限度額
 
耐震改修工事一般1/340万円55万円
耐震性能向上工事高齢者等2/350万円65万円

重点区域について耐震改修工事・耐震性能向上工事の補助限度額を一律15万円上乗せします。

※補助金は予算が無くなり次第、申請を締め切ります。

耐震改修工事・耐震性能向上工事についての詳細は次のページをご覧ください。

詳細は建築住宅課までお問合せください。

詳細ページ(木造住宅の耐震改修事業のページ)へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)