ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年11月

ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年11月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月15日

ガウラフォトクラブのメンバーが撮影した写真を紹介します

 ガウラフォトクラブトップページに戻る

 

タイトル

発電所のある光景

中曾ちくから見る発電所の風景画像

撮影者コメント

袖ケ浦市は農業が盛んな一方で、電力やガスなどのエネルギーを送りだす、工業都市の側面もあります。
中袖の埋立地にはLNG火力発電所が立地し、その巨大な煙突は袖ケ浦市のランドマークとして市内はもちろん東京湾の対岸からでも確認することができます。
 

撮影者

佐藤 英輔 さん

撮影場所

中袖地区

タイトル

初冬を彩る寺院の銀杏

初冬を彩る寺院の銀杏の写真1
初冬を彩る寺院の銀杏の写真2

撮影者コメント

今月は市内の寺院巡りをしてみました。
奈良輪地区にある上総薬師如来霊場16番札所の喜光院で、大きな銀杏の木が目に留まり、シャッターを押しました。
隣の弘法大師さんも、錦色に染まった銀杏にご満悦の様子でした。

撮影者

中島 有侍 さん

撮影場所

奈良輪地区

タイトル

休日の海浜公園

海浜公園内の写真

撮影者コメント

休日の海浜公園へ出かけました。
散歩やジョギングする人、釣りをする人、家族連れの親子が駆け回り、若者が集い、あちこちで歓声が沸き、思い思いの休日を楽しんでいます。
11月から3月上旬ころまでは、富士山が見える日が多くなるので、楽しみです。
風の穏やかな日に、みなさんも出かけてみませんか。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

袖ケ浦海浜公園(南袖36)

タイトル

晩秋の風物詩

晩秋の風物詩であるぼっちの画像

撮影者コメント

袖ケ浦の畑では秋になると枯れ木の筒のように見かけるのが、落花生の「ボッチ」です。
落花生生産地特有の秋の風物詩です。

 

撮影者

品田 文雄 さん

撮影場所

下泉1045付近

タイトル

袖ケ浦駅北口の夜景

袖ケ浦駅北口の夜景の画像

撮影者コメント

 雨模様の天気が続き、久しぶりに晴れた夕方、快速電車に合わせて袖ケ浦駅北口の夜景を撮影しました。

 

撮影者

高田 宏二 さん

撮影場所

袖ケ浦駅北口

タイトル

落花生ぼっち

落花生ぼっちの画像

撮影者コメント

秋の畑のあちこちで、雨よけのブルーシートや藁帽子をかぶった「落花生ぼっち」が見られます。
掘り上げた落花生を2メートル位の高さに積み上げて、ひと月ほど自然乾燥すると、さらにうま味が増すと農家の方が教えてくれました。
落花生ぼっちは、晩秋の風物詩です。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

川原井

タイトル

長年の風で幹の捻じれ発生!?

幹が捻じれた大木の画像

撮影者コメント

袖ケ浦公園内の鏡ケ峰展望台の頂上にある椎木は、大きくて見ごたえがあります。長年、山頂で風雨にさらされ成長した証を写真におさめました。
今後も大きく成長する椎木を祈るばかりです。

撮影者

高田 宏二 さん

撮影場所

袖ケ浦公園 鏡ケ峰展望台(飯富2360)

タイトル

根形公民館まつり

根形公民館まつりで太鼓を披露している画像
根形公民館まつりで吹奏楽を演奏している画像

撮影者コメント

11月上旬に、袖ケ浦市の公民館まつりが各地区で開催されました。
5日(日曜日)の午後、根形公民館まつりに行きましたら、和太鼓と根形中学校吹奏楽部の演奏が行われ、ガウラやチーバ君も参加し、まつりを盛り上げていました。

撮影者

芳野 政治 さん

撮影場所

根形公民館

タイトル

田園風景

田園風景を袖ケ浦高校の生徒が歩いている画像

撮影者コメント

広域農道で作業をしていたら袖高の生徒さんが大勢歩いて来ました。
修学旅行が延期になった代わりに、袖ケ浦公園まで2年生全員で歩いた帰りとのこと、田んぼの中を歩く姿がいかにも袖ケ浦らしくて思わず、パチリと撮影しました。


 

撮影者

三浦 邦夫 さん

撮影場所

広域農道

タイトル

幽谷分校生徒さんによる一輪車ダンス

平岡公民館まつりで一輪車ダンスを披露する幽谷分校生徒の画像

撮影者コメント

「平岡公民館 文化・スポーツまつり」の一環として、幽谷分校生徒さん11名による一輪車ダンスが披露されました。
皆さん真剣な中にもにこやかに演技され、60年以上前の自分と重ね合わせて感動しました。
10月のホタルの幼虫の放流会に引き続いて「こんな学校っていいな~」としみじみ感じました。

撮影者

三浦 邦夫 さん

撮影場所

平岡公民館