ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年7月

ガウラフォトクラブが袖ケ浦の魅力を紹介します 2017年7月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日

ガウラフォトクラブのメンバーが撮影した写真を紹介します

 ガウラフォトクラブトップページに戻る

 

タイトル

実り豊かに

a
a

撮影者コメント

袖ケ浦は米どころです。早くも稲穂が垂れ始めています。
稲の「病害虫防除」のため、「無人ヘリコプター」による薬剤の空中散布が、根形地区で7月20日の早朝から行われました。
オペレーターの巧みな操縦によって、ヘリは広い田んぼを自在に飛び回り、薬剤散布を丁寧に行っていました。8月中旬過ぎには稲刈りです。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

三ツ作

タイトル

風の塔

a
a

撮影者コメント

福王台の道路からは、海上の風の塔が浮かんでいるように見えることがあります。先日、たまたまその光景に出会えたので、撮影しました。


 

撮影者

渡邉 律子 さん

撮影場所

福王台

タイトル

花菖蒲、早や来年の準備

a

撮影者コメント

6月に袖ケ浦公園の花菖蒲の見ごろの写真を投稿し、来年もきれいな花を咲かせて欲しいとお願いする文を添えました。
その場所を7月21日に訪れましたら、花はきれいに剪定され、既に来年の準備が始められていました。
今後も来年に向けて手入れがなされ、そして美しい花が咲くことと思います。

撮影者

芳野 政治 さん

撮影場所

袖ケ浦公園(飯富2360)

タイトル

元気に孵化して楽しんで!!

a

撮影者コメント

友人から「キジの卵があるよ」との電話、すぐに駆けつけて撮影しました。
こんな道路に近いところに、とびっくりしました。5月に投稿したキジの写真に引き続いての幸運でした。
元気に孵化してくれることを願っています。
 

撮影者

 三浦 邦夫 さん

撮影場所

神納と飯富の境界付近(神納側)

タイトル

袖ケ浦の由緒ある山

a

撮影者コメント

袖ケ浦に名のある山が存在することをご存知の方は、少ないのではないでしょうか。
そのひとつが市内久保田地区にある「旗立山」です。内房線長浦駅を出て、姉ヶ崎駅に着くまでのちょうど中間地点、左手に椎津川河口を見て、右側の断崖が「旗立山」です。その名は房総に落ち延びた源頼朝が、この地に陣を張ったことに由来すると言われ、江戸時代までは木更津方面と千葉を結ぶ幹線道路「房総往還」が通っていました。
久保田笠上の交差点付近から山の中腹までは道が残っているので、往時をしのびながら眼下に広がるコンビナートを眺めてみるのもいいかもしれません。

撮影者

佐藤 英輔 さん

撮影場所

市原市姉崎海岸付近(久保田方向を撮影)

タイトル

雨に濡れる紫陽花

a

撮影者コメント

たくさんの小さい花が集まって咲く梅雨の時期に見頃を迎える紫陽花(アジサイ)は、雨の季節に清涼感与えてくれます。
雨に濡れた紫陽花は、普段より花の色が鮮やかに見えます。紫陽花は雨が似合いますね。


 

撮影者

品田 文雄 さん

撮影場所

東京ドイツ村

タイトル

夏富士

a

撮影者コメント

晴れた冬の日にはおなじみの雪をかぶった富士山ですが、約110km離れたここ、袖ケ浦からは真夏にお目にかかることはめったにない出来事です。
雪のない青々とした山肌と色鮮やかな水田、その中を走る内房線を1枚の写真の中に写し込みました。

撮影者

佐藤 英輔 さん

撮影場所

福王台2丁目1番地(富士石油社宅前道路より)

タイトル

休日の海浜公園

a

撮影者コメント

休日の早朝、海浜公園に出かけました。海風は微風で、気持ち良く迎えてくれました。釣りをしている人が多くいて、ちょっとびっくりです。散歩する、ジョギングする、展望台から眺める人など、思い思いに楽しんでいました。
海浜公園で、潮風を浴びて、楽しんでみませんか。ぜひ、出かけてみてください。

撮影者

小島 良一 さん

撮影場所

袖ケ浦海浜公園(南袖36)

タイトル

高校野球千葉県大会

a
a

撮影者コメント

夏の甲子園(全国高校野球大会)に向けて、各都道府県で地方大会が始まりました。
袖ケ浦市営球場においても、千葉県予選が開催されています。
撮影した7月12日の第一試合は、木更津高校 対 翔凛高校の手に汗を握る戦いでした。且つ、ブラスバンドによる応援も見事で、元気をもらいました。
千葉県代表がどこになるか、甲子園での活躍が楽しみです。

撮影者

芳野 政治 さん

撮影場所

袖ケ浦市営球場

タイトル

夢の甲子園へ プレイボール

a
a

撮影者コメント

7月12日から全国高校野球千葉大会が始まり、袖ケ浦市営球場でも甲子園への切符を賭けて、熱戦が繰り広げられています。
炎天下の中、選手だけでなく、選手を支える人たちにもレンズを向けてみました。


 

撮影者

中島 有侍 さん

撮影場所

袖ケ浦市営球場

タイトル

大会を陰で支える補助員

a

撮影者コメント

夏の高校野球の予選が始まりました。
前の試合で荒れたグラウンドを大勢の高校生(補助員)が、トンボを使って平らにならしています。選手以外にも高校野球を支えている方々がいます。
暑い日差しの中、頑張れ!

撮影者

高田 宏二 さん

撮影場所

袖ケ浦市営球場