ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦を知る > 歴史・文化 > 郷土博物館企画展1「袖ケ浦の水辺~人と生き物のくらし~」開催中です
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > カレンダー > イベント > 郷土博物館企画展1「袖ケ浦の水辺~人と生き物のくらし~」開催中です
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に行く・遊ぶ > イベント > 郷土博物館企画展1「袖ケ浦の水辺~人と生き物のくらし~」開催中です
ホーム > 分類でさがす > 魅力・観光 > 袖ケ浦に行く・遊ぶ > 自然・公園 > 郷土博物館企画展1「袖ケ浦の水辺~人と生き物のくらし~」開催中です

郷土博物館企画展1「袖ケ浦の水辺~人と生き物のくらし~」開催中です

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月17日

令和最初の企画展は「水辺」の生命です

袖ケ浦には小櫃川をはじめ、大小様々な川が流れています。
それらの川は、人びとの営みと関わりあいながら、池や田んぼなどの水辺を作り出しました。
そでいて、時に水辺は生き物の住処となりました。
今回の展示では、水辺で育まれてきた人びと、生き物のくらしについてご紹介します。

企画展のチラシ

開催のご案内


開催日

令和元年5月3日(金曜日・祝日)から令和元年9月1日(日曜日)まで

開催時間

9時から17時まで

休館日

毎週月曜日・祝日の翌日、5月7日から5月9日(特別休館日)

開催場所

郷土博物館2階特別展示室

入館料

無料

展示内容

1 袖ケ浦のなりたち

袖ケ浦にはいったいどんな水辺があるでしょうか。小櫃川や上池、川原井地区の谷津田など、袖ケ浦の水辺についてご紹介します。

2 水辺の生き物

水辺には様々な生き物が住んでいます。近年は河川改修などによって生き物が住めるような場所は減ってきていますが、一部地域では豊かな自然が残されています。
袖ケ浦とその周辺で確認された生き物をご紹介します。展示室には何故か水槽が?

3 水辺と人のくらし

人のくらしには今も昔も水が必要です。水辺には人が集まり、連綿と生活が営まれてきました。
主に小櫃川水系と袖ケ浦の人びととの関わりについてご覧ください。
展示室には本物のアレが?

4 自然に親しむ

現在、様々な場所で自然体験が行われています。自然の風景や、そこに澄む生き物たちに親しみを持つことで、環境を守ろうという意識が産まれます。
袖ケ浦で行われている自然体験の一部をご紹介します。環境を守ることは自分を守ることかもしれません。

関連事業のご案内

展示解説会

開催日時

令和元年5月19日(日曜日)・6月8日(土曜日)・7月20日(土曜日) いずれの日も11時から

開催場所

郷土博物館2階特別展示室

申し込み方法

事前の申し込みはありません。直接会場へお集まりください。

しいのもりホタル観察会(第1回フィールド・アドベンチャー)

 夜のしいのもりに出かけ、ホタルの観察会を実施します。

開催日時

  令和元年6月16日(日曜日)、18時30分から20時30分

開催場所     
  

  自然環境保全緑地「しいのもり」(雨天時は郷土博物館研修室内にて実施)

定員及び参加対象

  定員:20名(申込先着順)
  対象:小学校4年生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

参加費及び持ち物

  100円(保険代として)
  懐中電灯、軍手、長靴、長袖長ズボン着用  

申し込み方法

  郷土博物館窓口か、お電話でお申し込みください。
  (申し込みは5月15日から)

谷津田いきもの観察会

  川原井地区の谷津田で生き物観察を行います。

開催日時

  令和元年6月22日(土曜日)、9時30分から12時00分
  (荒天の際は翌週29日に順延、29日荒天)

開催場所     
  

  自然環境保全緑地「しいのもり」(雨天時は郷土博物館研修室内にて実施)

定員及び参加対象

  定員:20名(申込先着順)
  対象:小学校4年生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

参加費及び持ち物

  100円(保険代として)
  軍手、帽子、長靴、長袖長ズボン着用

申し込み方法

  郷土博物館窓口か、お電話でお申し込みください。
  (申し込みは6月1日から)