ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 救急 > あなたにもできる応急手当「急性アルコール中毒」

あなたにもできる応急手当「急性アルコール中毒」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月6日

 忘年会や新年会などで、お酒を飲む機会が増える季節となりました。適度な飲酒は、ストレス発散などの良い面もありますが、飲み方を間違えてしまうと身体に様々な障害を起こします。その一つが急性アルコール中毒です。

 急性アルコール中毒とは、一気飲みなどにより短時間のうちに大量のお酒を飲むことで、血液中のアルコール濃度が急激に上昇し、顔や全身の紅潮、発汗、動悸、呼吸苦、胸痛、頭痛、めまい、目のかすみ、嘔吐、口渇、脱力感などの中毒症状を起こします。

 また、重症になると、意識混濁、昏睡、血圧低下、呼吸困難、失禁、脱水、低体温などの症状を起こし、最悪の場合、呼吸や心臓が停止し、死に至ることもあります。

 飲酒する際は無理をせず、また、 泥酔者が出てしまった場合は絶対一人にしないよう、十分に注意してください。

【応急手当】

(1)圧迫感を和らげ呼吸を楽にするため、ベルトや衣服を緩める。

(2)寒い時期などは、体温低下に十分注意して、毛布などで保温する。

(3)寝かせる場合は、嘔吐による窒息を防ぐため、横向きにする。

【次のような場合は救急車を呼びましょう】

(1)お酒を飲んだ後、いびきのような呼吸をしていて、強くつねったり、ゆすっても反応がない。

(2)口から泡を吹いたり、吐血する。

消防本部からのお願い

年々救急出動が増加傾向にあります。

救急車の適正利用にご協力お願いします。