ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 救急 > あなたにもできる応急手当「ドクターヘリをご存じですか」

あなたにもできる応急手当「ドクターヘリをご存じですか」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月6日

 ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器などを搭載したヘリコプターのことです。医師と看護師がドクターヘリに同乗して救急現場に向かうことで、現場から医療機関に搬送する間に傷病者へ救急医療行為が行えるため、迅速に良質かつ適切な医療を提供することができます。

 ドクターヘリは現在、国内に49機が配備されており、千葉県内では、平成13年に日本医科大学付属千葉北総病院、平成21年に君津中央病院へ各1機が配備さています。また、市内へのドクターヘリの出動件数は、平成29年に26件、平成30年8月現在では14件となっています。

 ドクターヘリは、「傷病者に生命の危険が切迫しているか、その可能性がある」「重症患者の搬送に時間を要することが予想される」「救急現場での緊急処置に医師を必要としている」などの状況下において、「医師が必要と認めた」場合に出動します。出動判断は、119番通報を受けた指令員が行う(覚知要請)場合と、現場にいる救急隊や消防隊が行う(現場要請)場合があります。また、到着した医師の判断でドクターヘリではなく、救急車に医師、看護師が同乗し初期診療を行いながら、病院まで搬送する場合もあります。

 なお、ドクターヘリは、あらかじめ決められているランデブーポイントに着陸します。離着時の際には、ヘリから強い風が発生し、砂や小石などが飛散して危険ですので、見かけた際には、ある程度の距離を確保する、物陰に隠れる、消防隊の指示に従うなどの対応をお願いします。

消防本部からのお願い

年々救急出動が増加傾向にあります。

救急車の適正利用にご協力お願いします。