ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > 市長のフォトレポート 2017年9月

市長のフォトレポート 2017年9月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月2日

目で見る市長の動き

このコーナーでは、市長としての仕事の一端を写真で紹介します。

2017年(平成29年)9月30日(土曜日)

かずさファームフェスタ

挨拶する市長
挨拶する市長

 かずさファームフェスタが農畜産物直売所「ゆりの里」及び隣接するほ場で開催されました。
 酪農発祥の地である千葉県は全国でも有数の畜産県であり、君津地域も酪農・養鶏をはじめ、たくさんの畜産農家さんがいらっしゃいます。かずさファームフェスタは、君津地域の消費者の皆さんと畜産農家さんとの交流を図ることで、生産者の取組みを知ってもらい、地産地消につなげようというイベントです。
 当日は、君津地域4市を代表する乳牛が美しさを競う「美牛コンテスト」や、酪農家手作りアイスクリームの販売、牛乳の無料配布、仔牛のふれあいミニ牧場などがあり、大人から子どもまで楽しんでいました。コンテストでは、袖ケ浦市の酪農家の乳牛も上位に入賞し、今後、県大会への出場・健闘が期待されます。

2017年(平成29年)9月30日(土曜日)

柊まつり

挨拶する市長
挨拶する市長

 社会福祉法人 柊の郷 柊まつりが開催され、私もお招きいただきました。
 社会福祉法人 柊の郷 様は、自然に囲まれた環境の中で、障がいのある方々の生活支援をするという考えのもと、2年前に袖ケ浦市に施設を開所されました。
 施設のある林地区については、袖ケ浦市の中でも特に自然環境に恵まれた地域でありますので、自然豊かな環境の下、柊の郷 様がモットーにしておられる、「安心・安全・安楽」な支援活動が存分に実践できているのではないかと推察いたします。
 市といたしましても、障がいのある方もない方も共に安心して暮らせるまちづくりを目指してまいりたいと考えておりますので、今後ともご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2017年(平成29年)9月30日(土曜日)

今井幼稚園・中川幼稚園運動会

中川幼稚園で挨拶する市長
中川幼稚園で挨拶する市長

 今井幼稚園と中川幼稚園の運動会に行ってきました。
 当日は、晴天に恵まれ、絶好の運動会日和となりました。
 芝生化された園庭で、園児たちが一生懸命走りまわり奮闘する姿に、次の予定も忘れて没頭してしまいました。子どもたちのがんばる姿や笑顔には元気をもらえます。
 これからも、子どもたちの健やかな成長を心より願い、子育て支援や幼児教育などに力を注いでいきます。

2017年(平成29年)9月26日(火曜日)

公務員ボクサー応援

試合後の小堺副主査と記念撮影する市長
試合後の小堺副主査と記念撮影する市長

 市総務課の小堺健一郎副主査がボクシングの東日本新人王戦(ライト級)準決勝に出場し、私も応援に行ってきました。
 小堺副主査は、初戦と同様に、袖ケ浦市のPRも兼ねて、市マスコットキャラクター「ガウラ」をデザインしたトランクスを着用し、試合に臨みました。私も、大勢の市職員とともに応援用のTシャツを着用して、手に汗握るファイトに声援を送りました。
 結果は、ここまで4戦全勝無敗で優勝候補といわれる対戦相手に、4ラウンド最後まで喰らいつく勇ましい姿を見せてくれましたが、惜しくも判定で敗れてしまいました。
 しかしながら、最後まで諦めない強い気持ちで戦っている姿に私も心を動かされました。勝利できなかったことは残念ですが、この経験を糧にさらに成長していく小堺副主査に期待します。お疲れ様でした。

2017年(平成29年)9月25日(月曜日)

第2回市内施設見学バスツアー

ツアー参加者へ挨拶する市長
ツアー参加者へ挨拶する市長

 市内には多種多様な施設があり、また、様々な魅力やまちづくりが行われていますが、住んでいる市民の皆さまでもそうしたところへ訪れる機会がなく、あまり馴染みがない施設もあります。そこで市民の皆さまにも、わがまちの様子や施設を見学してもらい、理解を深めてもらうために、昨年度より市内施設見学バスツアーを企画しています。
 今年度の第2回目として、いちじくを栽培している「グリーンファーム三基」、花卉栽培を大規模に行っている「葛田園芸」や、「学校給食センター」、「農業センター」、「ゆりの里」などを見学し、袖ケ浦の農業に触れていただきました。
 参加者からは「新しい発見ができた」や「袖ケ浦をもっと好きになった」などの感想をいただきました。
 このバスツアーは、今年度あと2回を予定しており、次回は11月14日(火曜日)「防災」をテーマに行います。袖ケ浦の防災に対する姿勢などが確認できるチャンスですので、機会があればぜひご参加ください。

2017年(平成29年)9月23日(土曜日)

第4回ドデカ・カボチャ大相撲大会

入賞者と記念撮影する市長
入賞者と記念撮影する市長

 ドデカ・カボチャ大相撲大会が袖ケ浦市農畜産物直売所「ゆりの里」で開催されました。
 今年で4回目を迎えた今大会も生産者が市内で1番を目指して作り上げた大きなカボチャが並びました。今年の第1位横綱カボチャは重量115kgと大変見事なものでした。
 今年は、私も家族と大会に向けてカボチャ作りに挑戦しましたが、順調に大きくなっていたところで、アクシデントがあり、残念ながら大会に出場することはできませんでした。また来年挑戦したいと思います。
 カボチャに称号を与えられ、表彰された皆さま、おめでとうございました。

2017年(平成29年)9月16日(土曜日)、17日(日曜日)

氣志團万博2017

氣志團を表敬訪問する市長
氣志團を表敬訪問する市長

 16日、17日の2日間にわたって、「氣志團万博2017」が袖ケ浦海浜公園で開催されました。
 今年も豪華アーティストたちが東京湾アクアラインを渡り、袖ケ浦にやってきて、大迫力のステージを繰り広げました。そのステージを観ようと、全国から大勢の方が来場し、2日間で5万人を動員するなど、雨天にも関わらず例年以上の盛り上がりを見せていました。袖ケ浦の知名度向上にも大変貢献いただきました。
 その氣志團万博の開場前に、氣志團の皆さんのところへ激励に伺いました。今回は、お土産として、袖ケ浦市産のはちみつをお渡ししました。ライブ後はおいしいはちみつで疲れを癒してください。
 今回、袖ケ浦にご来訪された皆さんは、イベントはもちろん、景観や食べ物など袖ケ浦の魅力の一端を感じていただけたのではないでしょうか。袖ケ浦にはまだまだたくさんの魅力がありますので、ぜひ、また遊びに来てください。

2017年(平成29年)9月14日(木曜日)

社会福祉法人 嬉泉 創立50周年記念式典

挨拶する市長
挨拶する市長

 創立50周年記念式典がホテルオークラ東京で開催され、私もお招きいただきました。
 社会福祉法人 嬉泉 様は、障害福祉の中でも「自閉症」の支援について先駆的に取り組まれ、障がいのある人の「自己実現に向けた援助」を目指した活動を続けてこられました。
 袖ケ浦市においても、「袖ケ浦のびろ学園」や「袖ケ浦ひかりの学園」などの障がい者支援施設を開設・運営するとともに、本市の障がい者支援施策である相談支援事業や福祉作業所の指定管理事業などにも積極的にご参加いただき、丁寧かつ熱心なご支援により、障害福祉に多大なるご尽力をいただいております。
 市といたしましても、障がいのある方もない方も共に安心して暮らせるまちづくりを目指してまいりたいと考えておりますので、今後ともご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2017年(平成29年)9月13日(水曜日)

敬老事業市長訪問

訪問先で記念撮影する市長
訪問先で記念撮影する市長

 敬老の日を前に、市内にお住まいの99歳以上で希望された6名の方のご自宅を訪問しました。
 長きにわたり社会に尽くされた方を敬愛し、お祝いの言葉を伝えさせていただくとともに、長寿祝金を贈呈しました。
 袖ケ浦市でも高齢化が進み、約4人に1人が65歳以上となっています。
 ご高齢の方々が住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるよう、これからも高齢者施策にしっかりと取り組んでまいります。

2017年(平成29年)9月6日(水曜日)

袖ケ浦市庁舎整備検討市民委員会より提案書を受領

鎌田委員長と金子副委員長より提案書を受領する市長
鎌田委員長と金子副委員長より提案書を受領する市長

 袖ケ浦市庁舎整備検討市民委員会より、市民が利用しやすい庁舎について基本的な考え方や方向性をまとめた提案書が提出されました。
 本委員会は、庁舎整備の基本設計にあたり、市民が利用しやすい庁舎を検討するため、学識経験者、市内関係団体等や自治連絡協議会から推薦された方、公募による市民からなる19人の委員の構成のもと、平成28年5月17日に発足しました。市民の目線に立ちながら、「市や各種団体の情報発信、交流の場として市民に開放できるスペース」及び「利用しやすい窓口や待合スペース」など、新庁舎に求められる機能等について検討・協議していただきました。
 市では、この提案書に示された考え方や方向性を、今後の設計に活かしてまいります。

2017年(平成29年)9月2日(土曜日)

RAKUIKU(らくいく)

参加している親子を見守る市長
参加している親子を見守る市長

 子育てが楽しくなる笑顔の講座「RAKUIKU(らくいく)」をそでがうらこども館で開催し、私も参加しました。
 「RAKUIKU(らくいく)」は、子育てに悩んだり、不安を感じたり、イライラしたり、時には辛くなる、そのような子育て中のお父さん、お母さんに、子育てのヒントを提供する講座です。
 講座に参加された方からは、「これからはもっと楽しく子育てできそう」や「次回は夫と一緒に参加したい」などの声が聞かれ、大変好評だったことが伺えました。
 次回は10月29日(日曜日)に開催を予定しています。小さなお子さんと遊びながら参加することもできますので、ぜひ、子育てにお悩みのお父さん、お母さんは参加してみてください。

2017年(平成29年)9月2日(土曜日)

第35回イタジャイ杯争奪 袖ケ浦市・近隣市少年サッカー親善大会

参加する子どもたちへ挨拶する市長
参加する子どもたちへ挨拶する市長

 イタジャイ杯争奪少年サッカー親善大会が市陸上競技場で開催されました。
 本大会は、昭和54年に袖ケ浦市とブラジル・イタジャイ市との姉妹都市提携を記念して、本市と近隣市の少年サッカーの育成と、少年少女の心身の健全な育成を目的として始まりました。今年で35回目の開催となる歴史ある大会です。
 今大会は、低学年の部、中学年の部、高学年の部、中学生の部の4つのカテゴリーで、全72チームにより熱戦が繰り広げられました。
 優勝トロフィーは、高学年の部で優勝した「CIイレブン」に手渡され、本大会の歴史に新たにその名が刻まれました。「CIイレブン」の選手の皆さま、優勝おめでとうございます。