ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > こちら市長室 > フォトレポート 2017年8月

フォトレポート 2017年8月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月30日

目で見る市長の動き

このコーナーでは、市長としての仕事の一端を写真で紹介します。

2017年(平成29年)8月27日(日曜日)

プロ野球イースタンリーグ公式戦

チア・パフォーマーと記念撮影する市長
チア・パフォーマーと記念撮影する市長

 市営球場で開催されたプロ野球イースタンリーグ公式戦「千葉ロッテマリーンズ対東京ヤクルトスワローズ」に行ってまいりました。
 プロ野球選手の迫力あるプレーは、子どもたちの夢を一段と大きなものにしてくれたのではないでしょうか。
 両チームの選手、関係者の皆さまには、袖ケ浦市民にプロ野球観戦という貴重な「観るスポーツ」の機会を提供していただき、心より感謝申し上げます。
 また、今回たくさんの来場者がいらっしゃいましたので、ゆるキャラグランプリにエントリーしているガウラへの投票をPRさせていただきました。100位以内を目指してがんばっていますので、皆さまも応援をよろしくお願いします。

2017年(平成29年)8月26日(土曜日)

第1回市内施設見学バスツアー

参加者に挨拶する市長
参加者に挨拶する市長

 市内には多種多様な施設があり、また、様々な魅力やまちづくりが行われていますが、市民の皆さまでもそうしたところへ訪れる機会がなく、あまり馴染みがない施設もあります。そこで市民の皆さまにもわがまちの様子や施設を見学してもらい、理解を深めてもらうために、昨年度より市内施設見学バスツアーとして企画しています。
 今年の第1回目として、「郷土博物館」、「バラのカフェ ローズヒップ」、「しいのもり里山散策」、「袖ケ浦駅海側地区」などを見学し、袖ケ浦の今と昔を学んでいただきました。
 参加者からは「袖ケ浦の歴史がよくわかった」や「どれも興味深かった」などの感想をいただきました。
 このバスツアーは、今年度あと3回を予定しており、それぞれ違うテーマ(コース)で実施します。袖ケ浦の魅力を再発見できるチャンスですので、機会があればぜひご参加ください。

2017年(平成29年)8月24日(木曜日)

ポートクイーン来庁

ポートクイーンの皆さんと記念撮影する市長
ポートクイーンの皆さんと記念撮影する市長

 ポートクイーン千葉2017に選ばれた4名が、千葉港の最南端となる本市を訪ねてくれました。
 ポートクイーン千葉は、千葉港の魅力を発信する親善大使として、千葉港のイメージアップのための各種イベントに参加していきます。
 短い時間ではありましたが、皆さんが持つ袖ケ浦のイメージや将来の夢などをお伺いし、私からは袖ケ浦の魅力をお伝えしました。これから、色々なところで袖ケ浦をPRしてください。
 皆さんの今後のご活躍を期待しています。

2017年(平成29年)8月20日(日曜日)

総合防災訓練

訓練参加者へ挨拶する市長
訓練参加者へ挨拶する市長

 地震等の大規模災害に備えて、市と関係機関が連携して、地域住民と一体となった実践的な総合防災訓練を実施しました。この訓練は、防災体制の強化・整備と併せて防災意識の高揚を図ることを目的に隔年で実施しています。
 今回の訓練では、東京湾岸を震源とするマグニチュード7.3、市内の震度6弱の地震を想定し、「避難勧告・避難所開設訓練」、「救援物資輸送訓練」、「炊き出し訓練」など、災害時に基本となる訓練を幅広く行いました。
 また、参加された地域住民の皆さまには煙ハウスや地震体験車により、災害を体験していただきました。
 本訓練に当たり、ご参加いただきました地元自治会、消防団や自主防災組織、防災関係機関、防災協定を締結している団体など、多くの方々のご協力に感謝申し上げます。

2017年(平成29年)8月5日(土曜日)

袖ケ浦市民夏まつり

挨拶の中で、ガウラを紹介する市長
挨拶の中で、ガウラを紹介する市長

 袖ケ浦市民夏まつりを東京ドイツ村にて盛大に開催しました。
 当日は、勇壮な上総太鼓のオープニングで始まり、躍動感あふれるミニステージでのパフォーマンス、そしてフィナーレには、打ち上げ花火2,000発が袖ケ浦の夜空を彩り、来場の皆さまに楽しんでいただきました。
 また、セレモニーの後には、ゆるキャラグランプリに参戦しているガウラのために、私から来場の皆さまへ、ガウラへの投票を促す啓発カードを1,000枚配らせていただきました。
 このようなイベントを通じて、袖ケ浦の魅力を広く発信していきたいと考えています。
 ご協力いただいた各種団体、並びに市民の皆さまに感謝申し上げます。

2017年(平成29年)8月2日(水曜日)

災害対策本部図上訓練

訓練の設定を確認する市長
訓練の設定を確認する市長

 特別職及び各部長により、災害対策本部図上訓練を行いました。 この訓練は、本市において想定される実際の災害に近い場面を設定し、災害対策本部となる訓練参加者の役割に応じて、様々な状況にいかに対処していくかを検討・判断することで、実戦力の向上を図るものです。
 今回は、大雨・洪水注意報が発令され、時間の経過とともに雨量の増加が予想されるという状況を想定して訓練し、その後、全員で評価の実施と課題を検討しました。
 災害時における、初動対応や適切な判断、庁内の連携は、本市の被災状況に大きな影響を及ぼすものであり、市民の皆さまが安心できるよう、様々な訓練を重ねて、万が一に備えたいと思っています。

2017年(平成29年)8月1日(火曜日)

第67回千葉県民体育大会 袖ケ浦市選手団結団式及び壮行会

選手宣誓を受ける市長
選手宣誓を受ける市長

 第67回千葉県民体育大会袖ケ浦市選手団の結団式および壮行会が、市民会館にて開催されました。
 スポーツ活動を生活の一部として行うことは、たくましく生きるための体力の向上と健康づくりにつながるものと考えます。
 これから始まる県民体育大会に参加される選手の皆さまは、普段のスポーツ活動の集大成として、日頃の練習の成果を十分に発揮していただき、袖ケ浦市の代表であるという誇りと自信を胸に、輝かしい結果を残していただきたいと思います。そして、その活躍が、一人でも多くの市民の皆さまの、スポーツを行うきっかけになってくれることを期待しております。

2017年(平成29年)8月1日(火曜日)

第22回わんぱくクエスト出発式

出発前の子どもたちと記念撮影をする市長
出発前の子どもたちと記念撮影をする市長

 わんぱくクエスト開催にあたり、出発式を執り行いました。
 わんぱくクエストは、千葉県内でも他に類をみない、青少年育成事業であり、夏の房総を6日間かけて、40km以上の道のりを徒歩と野外泊で旅します。
 本事業は大好評につき、今年度で22回目を迎えることができました。これまでご協力いただきました地域の方々やボランティアの方々には改めて御礼申し上げます。
 今回の参加者は42名です。子どもたちにとって、普段とは違う生活の中で、一緒に過ごす仲間と助け合い、みんなで力を合わせて、最後まで歩き抜くことで、心が大きく成長できる素晴らしい旅となるでしょう。