ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

奨学資金貸付金のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月7日

袖ケ浦市奨学資金

1 貸付資金について 

 市では、経済的理由によって、修学が困難な者に対し、修学上必要な学資の一部を無利子で貸付けることにより修学を容易にし、将来、有為な人材を育成する為の事業を行っています。

申し込みできる方 

 次の1から4までの要件をすべて満たす方となります。

  1. 市内に住所を有する者。または父母(若しくはこれらに準する者)が市内に住所を有する者。
  2. 高校・大学などに、入学が決定または、在学している者。
  3. 経済的理由により修学が困難な者。
  4. 学業の成績が優れ性行が正しくかつ健康であること。

※平成29年4月1日から他の奨学金制度と併用して利用できるようになりました。

給与収入世帯のモデルケース

 父、母、本人、妹 の 4人世帯の場合

区分

世帯総収入の上限

 国・公立高校生

730万円

 私立高校生

750万円

 国・公立大学生

900万円

 私立大学生

970万円

※世帯総収入の上限は、世帯の構成人数や年齢、進学先の年間授業料や公立・私立の別などの条件によって変動しますので、貸付を希望する方は事前にお問い合せください。

貸付月額の内訳

 袖ケ浦市の奨学資金は無利子の貸付けです。

区分

国立・公立

私立

高等学校・高等専門学校

10,000円以内

20,000円以内

特別支援学校の高等部

10,000円以内

20,000円以内

大学・短期大学

22,000円以内

43,000円以内

専門学校

22,000円以内

43,000円以内

貸付期間

 決定された月から、正規の修学期間が終了する月までとなります。

交付方法

 決定された月額を本人口座に毎月15日に振り込みします。(4月については月末が振込日となります。)
 ただし、休日・祭日の場合は、その前後が振り込み日となります。

申請書類

申請書類一覧 [PDFファイル/78KB] 

  1. 奨学資金貸付申請書 [PDFファイル/107KB]
  2. 推薦書 [PDFファイル/51KB]
  3. 誓約書 [PDFファイル/54KB]
  4. 申請者と生計を一にしてない旨の申立書 [PDFファイル/47KB]
  5. 課税台帳閲覧承諾書 [PDFファイル/70KB]

 申請するときは、連帯保証人が2名必要となります。
 1名は申請者の父母若しくはこれに準する者。もう1名は、別生計を営み債務を弁済する能力を有する65歳以下の成年者でかつ4親等以内の親族となります。

2 貸付金の返還について

 貸付が終了した月の6ヶ月後から10年以内に、借受人の選択により、月賦・半年賦(1月と7月)・年賦(1月または7月)の均等払い方法により返還していただきます。
 ただし、返還すべき日までに返還しなかった場合は、返還すべき日の翌日から6ヶ月を経過した日から年5パーセントの割合で計算した額に相当する延滞利息がかかります。
 なお、大学や大学院などに進学する場合や災害、病気など、やむを得ない事由がある場合は、返還を猶予する制度があります。

<返還例(4年生私立大学に在学されていた方)>
借受金額    2,064,000円 (月額:43,000円×4年間)
返還期間    10年間の月賦払い(120回払い)

1ヶ月の返還額 2,064,000円÷10年÷12ヶ月=17,200円
 

3 異動届について

 奨学生や連帯保証人の氏名や住所等に異動があった場合は、すみやかに届出を行ってください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)